バイナリーオプション業界の今後の動向と撤退の噂について考察

バイナリーオプションの今後の動向と撤退の真相について

こんにちは!サイト管理人の秋田(@hidenori_akita)です!

秋田

この記事で分かること
  • 撤退したバイナリー業者の紹介
  • 撤退した理由から今後を考察
  • ハイローオーストラリアは撤退するのか?

一部ネット上の記事では、バイナリーオプションの規制が厳しくなったことで、バイナリーオプションの今後を疑問視するものもあります。

そこでこの記事では、「今後、バイナリーオプションはどうなるのか?やる価値があるのか?」について徹底考察していきます。

【注目記事情報】

当サイトでは、バイナリーオプションに関する評判についてまとめた記事もご用意しています。気になる方は、バイナリーオプションの評判をステマなしで紹介!優良業者を見抜くコツとは?を参考にしてみてください。

撤退したバイナリーオプション業者まとめ

撤退したバイナリーオプション業者

まずは、「バイナリーオプションの過去を振り返る」という意味で、日本から撤退した有名なバイナリーオプション業者をご紹介したいと思います。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

24オプション

撤退した海外バイナリーオプション業者で多くの人の記憶に残っているであろう業者が「24オプション」です。

キプロス証券委員会の認証を受け、日本でも運営をしていた24オプションですが、2015年に日本人トレーダーの新規口座開設をストップしました。

バイナリーオプションの人気が出る前から業界をリードしてきたバイナリーオプション業者なだけに、24オプションが日本撤退を発表したときには、日本人トレーダーの間でかなりの衝撃が走りました。

日本語にも対応していた数少ない海外バイナリーオプション業者だったので、日本のバイナリーオプションの今後を危ぶんだ人も多いと思います!

秋田

トレードラッシュ

2011年から2016年まで日本でも口座開設できたトレードラッシュは、世界初の60秒取引を取り入れたことでも有名なバイナリーオプション業者です。

トレードラッシュも日本語対応していたので、日本人トレーダーも多くトレードしていました。

60秒取引や500円から可能なエントリーなど、バイナリーオプション初心者にとっても参入ハードルが低かったことも魅力でした。

最高エントリー金額はなんと40万円でした!

秋田

田中

今では考えられない破格の金額だね!
今後このような設定を設けるバイナリーオプション業者は日本には現れにくいでしょう!

秋田

また、取引プラットフォームも申し分なく、今ではほとんどの会社で禁止されているFXのような自動取引を装備、他のトレーダーを真似するミラートレードの利用も可能でした。

ボーナスも豊富で、初回入金時に最大で5,000ドルをもらえることもあり、バイナリーオプション初心者に非常に人気のある会社でした。

DDM

撤退したのは、海外バイナリーオプション業者ばかりではありません。

日本の業者でも、金融庁のバイナリーオプション規制を理由に撤退をした業者がありました。DDMもその中の1社です。

しかし、DDMは他の国内業者とは少し違う理由で撤退しました。

田中

どういうこと?
DDMは日本の規制を受けずにサービスを提供するためにオーストラリアに新会社を設立したのです!

秋田

DDMは他の海外バイナリーオプション業者と同じ考え方をした国内でも珍しいバイナリーオプション業者でしたが、新しい会社も2016年に撤退をしました。

バイナリーオプション業者が撤退した理由から「今後」を考察

バイナリーオプション業者の撤退理由

撤退する理由を詳しく公表している業者は少ないですが、発表された内容から推測できる撤退理由を考えて、今後のバイナリーオプションについて考える足掛かりを探ってみましょう。

撤退理由として考えられるのは次の通りです。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

取得ライセンスからの注意

24オプションとトレードラッシュの共通点は、キプロスを拠点としていたことです。

24オプションが日本人トレーダーの新規口座開設を撤退する際に、「ライセンスからの規制の関係上」と公表しました。

ここから推測するに、キプロスが日本人へのサービス提供を控えるように、業者へ指示したのではないかと思われます

その裏にはおそらく、日本の金融庁の影響があります。

真相
当時の日本の金融庁は、国内バイナリーオプション規制に伴い、海外プロバイダーの口座開設を行わないように日本人向けに発信していました。
また、各国にも日本人トレーダーの新規口座開設を受け付けないようにお願いしていたようです。
キプロスは、日本からのこの要請を受け入れて、業者へ指示をしたと思われます。

ハイローオーストラリアに負けた

DDMの新会社であるDDMFXに関しては、ハイローオーストラリアに負けたのではないか?と推測されます。

DDMFXオーストラリアも、日本特有のラダーバイナリーオプションを取り入れるなどの試行錯誤はしていたようですが、結局、わずか3年で撤退しました。

田中

ハイローオーストラリアってそんなに人気なんだね!
日本人利用率No.1ですからね!

秋田

\圧倒的人気No.1!/

 

ハイローの詳細については、ハイローオーストラリアの評判・口コミを徹底調査!でまとめているので、是非参考にしてみてください。

バイナリーオプション業界の今後はどうなる?【結論】

結論から言うと、バイナリーオプションそのものは何らかの形で投資業界で生き続けるでしょう。

ただし、今後も規制が厳しくなれば、市場が縮小することは考えられます。それでも、バイナリーオプションを始める投資初心者が増えているのはなぜでしょう?

この理由も少し考えてみましょう。

バイナリーオプションにしかない魅力が今後を左右する!?

実は、バイナリーオプションをする人の人口は増えています!

秋田

田中

そうなんですか!?意外でした!

規制が厳しくなるというのも、裏を返せば、人気があってバイナリーオプションをする人の数が増えているからとも言えます。

その最大の理由と考えられるのが、バイナリーオプションにしかない魅力にあります。

バイナリーの魅力
  • 二択のシンプルな投資法である
  • 1回のトレード時間が短い
  • 資金管理がしやすい

ご覧のとおり、バイナリーオプションは投資経験が0の人でも貯金があまりない人でも始められる投資方法なのです。

市場は縮小しているかもしれませんが、バイナリーオプションは投資への良い入口と言えるでしょう。

バイナリーに興味が湧いてきた方は、【初心者必見】バイナリーオプションの始め方や取引のやり方を簡単解説を参考にして取引を始めてみましょう。

ハイローオーストラリアは撤退するのか?

結論から言うと、現時点でのハイローオーストラリアの撤退はほぼないでしょう。

ハイローオーストラリアの撤退はないと言える理由は次の通りです。

それぞれ詳しく解説していきます!

秋田

新しい企業を立ち上げてまで日本での運営を続けている

ハイローオーストラリアは日本で運営を続けるために、「ハイロードットコム」という日本人トレーダーが利用できる会社を設立しました。

つまり、「新しい会社を設立する経費以上に利益が上がる」とハイローオーストラリア側が見込んだということです。

そのため、そうそう簡単には撤退しないと考えるのが妥当でしょう。

日本人トレーダーを意識したサービスの提供

ハイローオーストラリアは、「日本人向けのサービスに特化した運営を行っている」といっても過言ではありません。

もっと言えば、日本居住者以外はハイロードットコムで口座は開設できません。

つまり、日本人のために設立されたようなものなのです!

秋田

田中

そんな会社を簡単に撤退させるとは思えませんね!

ハイローオーストラリアは、10年以上にわたり築き上げてきた信頼と実績があります。

今現在も口座開設者は増え続けており、そんな大きなマーケットをやすやすとは手放さないでしょう。

\圧倒的な運営実績!/

 

バイナリーオプションの知識は今後の投資に生かせる!

たとえバイナリーオプション自体がなくなったとしても、バイナリーオプションで培った知識やスキルは他の投資法にも使えるので、やって無駄になるということはないと思います。

例えば、バイナリーオプションの知識やスキルはFXにも生かすことができます。

というのも、FXもバイナリーオプションも見ている相場は同じ為替相場だからです。

FXもバイナリーオプションも使うスキルはほとんど同じですからね!

秋田

具体的に、バイナリーオプションとFXに共通する知識やテクニックをあげると、次のようにたくさんあります。

FXとバイナリーの共通点
  • 為替相場の基礎知識
  • 相場環境認識力
  • 適切なエントリーポイントを見極める力
  • 適切なエントリータイミングの測り方
  • 資金運用力

ここからも分かるように、きちんとしたスキルや能力を身に着けていれば、バイナリーオプションでの経験はFXでも十分に生かせます。

実際にバイナリーとFXの二足のわらじを履いている人もたくさんいます!

秋田

なお、FXとバイナリーの違いについてバイナリーオプションとは?損益の仕組みやFXとの違いを解説でまとめているので、気になる方は参考にしてみてください。

まとめ

バイナリーオプションの今後について色々と考察していみましたが、いかがでしたか?

バイナリーオプションが今後1、2年でなくなるということはないでしょう。

「未来永劫あり続けるか?」と言われればそれは分かりませんが…。

ただ、投資への入り口としてはバイナリーオプションは最適だと言えるでしょう。

投資初心者はぜひバイナリーから始めてみてください!

秋田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です