国内バイナリーオプションは儲かる?取引の仕組みやおすすめ業者を紹介

国内バイナリーオプション業者の紹介

こんにちは!サイト管理人の秋田(@hidenori_akita)です!

秋田

この記事で分かること
  • 国内バイナリーオプションの仕組み
  • 国内バイナリーオプションのメリット・デメリット
  • おすすめの国内バイナリーオプション業者の紹介

バイナリーオプションは「国内」と「海外」に大別され、それぞれ特徴や税制などが異なります。

この記事では、「国内」のバイナリーオプションサービスに焦点を当てて、特徴やおすすめ業者などについて解説します。

\業者選びに迷ったら!/

当サイトでは、国内業者と海外業者を人気度順にランク付けした記事をご用意しています。気になる方は、バイナリーオプションのおすすめ業者を徹底比較を参考にしてみてください。

国内バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションとは、決められた判定時間までに為替が目標レートより上がるか下がるかを予想するというシンプルなルールが特徴の投資です。

この基本的なルールは国内バイナリーオプションも海外バイナリーオプションも変わりません。

国内バイナリーオプションの場合、「ラダーオプション」と「レンジオプション」という2つが主な取引方法です。

ラダーオプションとは?

ラダーオプション

ラダーオプションとは

目標とするレートよりも高いか安いかを予測します。そのため、HIGH & LOW(ハイ・アンド・ロー)とも呼ばれたりもします。

ラダーオプションでは、どちらか一方方向に為替が動くことを予測するため、トレンドが発生している状況と相性が良いです。

ちなみに、ラダーオプションは、もともとラダー(ladder)という言葉に梯子(はしご)という意味があるように、オプションがはしご状に配置されているためこういう名称がついています!

秋田

また、ラダーオプションにはシングルとオールがあります。

シングル

6~7つある目標レートから「円高」か「円安」のうち、どちらかを選択します。

目標レート(権利行使価格)をラダーの中から選択するというシンプルな方法です。

オール

オールはシングルは1つの目標レートを表示し、オールは全ての目標レートを表示することです。オールのほかに「マルチ」とも呼ばれています。

表示方法が違うだけで、オールがないからといって対象オプションが少ないということではありません。

取引画面でそれぞれのオプションにマウスカーソルを乗せると、目標レート部分が色分けされることが多いので購入の際に迷うことはないと思います。

レンジオプションとは?

レンジオプション

レンジオプションとは

一定の範囲内(レンジイン)か範囲外(レンジアウト)かを予測する取引です。

レンジインオプションは、一定の範囲内に収まることを予測するため、あまり値動きがない状況に相性がいいですね。

業者によっては、対象のオプションをクリックすると予測する範囲内に色が付くこともあり、混乱しないように工夫されているので、いざ取引するとなった場合にどうすればいいか分からないと焦ることはないと思います。

レンジアウトオプションは、一定の範囲外に動くことを予測するため、相場が大きく動いている状況に相性が良いとされています。

国内バイナリーオプションのメリット

続いて、国内バイナリーオプションで取引する際のメリットをご紹介します。

国内バイナリーオプションのメリットには次のようなものがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

少額からスタートできる

国内バイナリーオプションでは、投資最低額は50円からとかなり低めの設定になっていますので、少額からでも取引を始められます。

為替は、相場に動きがない場合は小数点以下の値動きしか見せない場合もあります。そういった場合、通常のFXだと少額の資金投資ではほとんど稼げません。

そのためレバレッジをかけるのですが、レバレッジをかけた場合は損失が出た場合も膨大なものになります。

しかし、国内バイナリーオプションではオプション料金が50円からと安価なことに加え、ペイアウトは一律1,000円であるので、一回の取引で資金が最大20倍になりうるのです。

田中

50円かけて予想が当たれば1,000円の払い戻しということだね!!
1,000円÷50円=20倍だね!

秋田

税率が最大30%近く優遇される

国内バイナリーオプションは、海外バイナリーオプションに比べて税金面で優遇されています。

というのも、最大値で比較すると海外バイナリーオプションの最大税率は55%であるのに対して、国内バイナリーオプションは20.315%の税率で済むからです。

また、損益通算や繰越控除が使える点も大きなメリットです。

  • 損益通算…FXや商品先物などの他金融商品と損益を合算できる仕組みのこと
  • 繰越控除…損益を翌年以降に繰越できる仕組みのこと

このように、国内バイナリーオプションはある一定以上の利益を上げているトレーダーや、長く取引をやっていきたいトレーダーにとっては税金面で優遇されているといえます。

バイナリーオプションの税制については、バイナリーオプションにおける税金情報を総まとめ【2022年最新】で詳しく解説しているので、是非参考にしてみてください。

安全に取引できる

バイナリーオプションは「丁半博打」に例えられることがあります。たしかに、国内バイナリーオプションが導入された当時は「判定時間が最短5分」など、ギャンブル性が高いものが多かったです。

これは海外バイナリーオプションのルールなのですが、国内で導入された当時は刑法で禁止されている「賭博」に抵触するかどうか明確な線引きがない状態だったために、ギャンブル性の高い海外バイナリーオプションのルールがそのまま採用されていました

その後、投機性の高さを問題視した金融庁が法規制の整備に乗り出し、これに呼応するようにバイナリーオプションを提供していた国内のFX会社は自主規制を開始しました。

その結果、現在では以下のような条件のもと国内バイナリーオプションは運営されており、ユーザーも安心して取引できるものになっています。

  • 取引時間は2時間以上
  • 権利行使価格は取引開始前に決定
  • 取引時間中のオプションの転売を可能
  • 売値と買値を同時に提示する2Way方式が必須
  • FX会社がオプション料を総取りすることを禁止

国内バイナリーオプションのデメリット

次に国内バイナリーオプションを利用する際のデメリットをご紹介します。

デメリットとしては次の2つが考えられます。

デメリットのついても詳しく見ていきましょう!

秋田

取引オプションが最大で2種類

海外バイナリーオプションの場合だと取引方法が4~5種類くらいあったりするのですが、国内バイナリーオプションの場合は最大3種類、多くの場合はラダーオプションのみです。

それぞれの取引方法には得意な相場があり、選択できる取引方法が多いほど、いろんな相場に対応できます。

しかし、国内バイナリーオプションの場合は選択肢が少ないので、相場に合わせた取引を柔軟にできるか?と言われるとNOですね…。

単純に儲からない

個人的には、国内バイナリーオプションはバイナリーオプションの醍醐味を味わいにくいというのが一番のデメリットだといえます。

本来のバイナリーオプションは二択の投資です。為替が上がるか下がるかを予想すればいいだけというのがバイナリーオプションの売りです。

これに忠実なのが海外バイナリーオプションなのですが、国内バイナリーオプションは規制もあるために海外バイナリーオプションに比べてルールが少しばかり複雑です。

もう一度、ざっくりとバイナリーのルールを確認しておきましょう!

秋田

いくつかの判定レートと購入価格(HIGHの場合とLOWの場合)が提示され、判定時刻にその判定レートよりも「上がるか?(HIGH)」「下がるか?(LOW)」を予想してチケットを購入します。

そして…

  • 予想が当たれば1,000円の払い戻し
  • 予想が外れれば購入金額が0円になる

このように、国内バイナリーオプションでは払い戻し額が1,000円に固定されています。

つまり、トレーダーはできるだけ低い価格で購入しないとそれだけ利益が下がります!

秋田

国内バイナリーオプションはFXと同様に、為替の値動きの方向だけでなく「変動幅」も予測しなければならなりません。

バイナリーオプションはもともとは為替の動きを予想するだけの投資です。リスクを限定しつつ為替が0.001円でも予想通りに動けば2倍近い利益を得られるところに魅力があります

日本の国内バイナリーオプションはこのバイナリーオプションの醍醐味を味わいにくいルールとなっているのです。

国内バイナリーオプション業者を比較

続いては、人気の高い国内バイナリーオプション業者のスペックを比較しました。

※右にスクロール

通貨ペア ペイアウト金額 取引限度額 取引時間(月~金) 取引形式
IG証券 7通貨ペア(+株価指数、商品) 1万円(0.1ロット) 上限なし AM8:00~翌AM8:00 ラダー
選べる外為オプション 5通貨ペア 1,000円 1取引:200枚
1日:1万枚
AM8:00~翌AM4:00 ラダー
みんなのオプション 4通貨ペア 1,000円 1取引:50ロット
全通貨ペア合計:300ロット
AM8:10~翌AM6:10 ラダー/レンジ
外為オプション 5通貨ペア 1,000円固定 1取引:200枚
1日:1万枚
AM8:00~翌AM5:00 ラダー
らくオプ 5通貨ペア 1,000円 1取引:200枚
1回号:1,000枚
AM8:20~翌AM4:20 ラダー
オプトレ 8通貨ペア 1,000円 1取引:500枚
1日:500万円
AM7:25~翌AM5:25 ラダー/レンジ
LION BO 5通貨ペア 1,000円 1取引:50ロット
全通貨ペア合計:50ロット
AM8:25~翌AM2:25 ラダー

おすすめの国内バイナリーオプション業者を紹介

先ほど一覧にまとめたおすすめ業者に関して、もう少し詳しくご紹介していきます。

業者選びの参考にしてみてください!

秋田

IG証券

IG証券

IG証券の概要
通貨ペア 7通貨ペア(+株価指数、商品)
ペイアウト金額 1万円(0.1ロット)
取引限度額 上限なし
取引時間(月~金) AM8:00~翌AM8:00
取引形式 ラダー
公式サイト https://www.ig.com/jp
おすすめポイント
  • 業界最多の20銘柄以上が取引できる
  • 1回の注文数量、1日の注文数量が上限がない
  • ノックアウトオプションにも対応している
ノックアウトオプションとは

権利行使価格の上限(下限)ラインを自分で決められ、なおかつ途中決済が可能な取引です。いわゆる損切ができる機能で、損実を限定できます。

ノックアウト・オプションはリスクが限定された条件で行うオプション取引で、原資産価格がお客様の選択したノックアウト価格に達すると自動的にポジションが決済(”ノックアウト”)されます。ノックアウト・オプションの取引価格は原資産の価格と一致して変動します。つまり、原資産価格が1ポイント動けば、同じポイント分だけノックアウト・オプションの取引価格も変動します。ノックアウト価格と取引サイズを選択することによって、お客様は証拠金額とリスクをご自身でコントロールすることができます。

IG証券公式サイトより引用

IG証券に関しては、IG証券のバイナリーオプションサービスの評判・口コミまとめで詳しくまとめているので、是非参考にしてみてください。

選べる外為オプション【FXプライムbyGMO】

選べる外為オプション

選べる外為オプションの概要
通貨ペア 5通貨ペア
ペイアウト金額 1,000円
取引限度額 1取引:200枚
1日:1万枚
取引時間(月~金) AM8:00~翌AM4:00
取引形式 ラダー
公式サイト https://www.fxprime.com/service/binaryoption/
おすすめポイント
  • サービス、ツールが分かりやすい
  • 無料の未来予測型ツール「ぱっと見テクニカル」搭載
  • 1注文あたりの最大購入枚数200枚

「ぱっと見テクニカル」については、公式サイトで分かりやすく説明されていますのでここでも引用します。

最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測します。

選べる外為オプション公式サイトより引用

選べる外為オプションに関しては、選べる外為オプションの評判・口コミや業者概要まとめで詳細をご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

みんなのオプション【みんなのFX】

みんなのオプション

みんなのオプションの概要
通貨ペア 4通貨ペア
ペイアウト金額 1,000円
取引限度額 1取引:50ロット
全通貨ペア合計:300ロット
取引時間(月~金) AM8:10~翌AM6:10
取引形式 ラダー/レンジ
公式サイト https://min-fx.jp/lineup/op/
おすすめポイント
  • 取引方法はラダー、レンジオプションの2種類
  • 使いやすい取引プラットフォーム
  • FX口座、シストレ口座もある

他の国内バイナリーオプションサービスでは、ラダーオプションのみという場合が多いので、選択肢が複数あるのは大きな魅力といえます。

値動きに合わせて取引方法を使い分けることができるのでそれだけ利益が狙えるチャンスも増えます!

秋田

みんなのオプションに関しては、みんなのオプションの評判・口コミや業者の特徴まとめで詳しくまとめているので、是非参考にしてみてください。

外為オプション【GMOクリック証券】

外為オプション

外為オプションの概要
通貨ペア 5通貨ペア
ペイアウト金額 1,000円固定
取引限度額 1取引:200枚
1日:1万枚
取引時間(月~金) AM8:00~翌AM5:00
取引形式 ラダー
公式サイト https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/
おすすめポイント
  • 超大手GMOクリック証券が運営
  • デモトレードが利用可能
  • 1注文あたり最大購入枚数200枚

外為オプションの運営元はGMOフィナンシャルホールディングスのグループ会社で、証券口座数が70万を超えるネット証券会社としては「中堅」とも言える証券会社です。

GMOクリック証券は各種インターネットサービスを提供しているGMOグループの傘下にある東証一部上場企業ですから、経済基盤がしっかりとしていて倒産するといったリスクは低いと言えるでしょう。

そんな外為オプションの詳細情報について、外為オプションの評判・口コミや業者の特徴をまとめてご紹介でまとめているので、是非参考にしてみてください。

らくオプ【楽天証券】

らくオプ

らくオプの概要
通貨ペア 5通貨ペア
ペイアウト金額 1,000円
取引限度額 1取引:200枚
1回号:1,000枚
取引時間(月~金) AM8:20~翌AM4:20
取引形式 ラダー
公式サイト https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bo/
おすすめポイント
  • 50円から取引できる
  • 楽天ポイントを使ったポイント投資ができる
  • デモ取引ができる

らくオプは最低入金額の設定がありません。

また、らくオプでは楽天ポイントを購入金額の一部または全部に充当することができます

手続きは簡単で、バイナリーオプションの購入時に「すべての楽天ポイントを使う」にチェックを入れるだけです。

負けたらポイントは没収されますし期間限定ポイントは対象外ですが、現金を使わなくていいという意味では損失をセーブできます!

秋田

らくオプについては、楽天のバイナリーオプションサービス「らくオプ」の評判・口コミで詳細を解説しているので、是非参考にしてみてください。

オプトレ【外貨ex】

オプトレ

オプトレの概要
通貨ペア 8通貨ペア
ペイアウト金額 1,000円
取引限度額 1取引:500枚(※)
1日:500万円
取引時間(月~金) AM7:25~翌AM5:25
取引形式 ラダー/レンジ
公式サイト https://www.gaikaex.com/opt/

(※)オプトレ!のラダーオプションは1取引あたり500枚まで購入が可能ですが、レンジオプションの場合は1取引あたり100枚までとなります。

おすすめポイント
  • 豊富な8通貨ペアに対応
  • ラダーとレンジオプションに対応
  • 判定時刻前の最短60秒前まで取引できる

オプトレのチケット購入受付時間は、取引判定の1分前までです。

判定時間が近くなるとペイアウト倍率が低くなる傾向がありますが、判定が出る直前までチケット購入できるので、ギリギリまで為替の動きを見てより確実なところでエントリーすることができます

オプトレに関しては、オプトレ!とは?大手バイナリーオプションサービスの評判・口コミで詳しい情報をまとめているので、是非参考にしてみてください。

LION BO【ヒロセ通商】

LION BO

LION BOの概要
通貨ペア 5通貨ペア
ペイアウト金額 1,000円
取引限度額 1取引:50ロット
全通貨ペア合計:50ロット
取引時間(月~金) AM8:25~翌AM2:25
取引形式 ラダー
公式サイト https://hirose-fx.jp/lionbo/
おすすめポイント
  • ペイアウト率が最大1,000倍
  • 予想レートの数が多い
  • 高機能で使いやすい取引ツール

LION BOには、PC版とスマートフォンアプリの2種類の取引ツールがあります。

LION BOのPC版の取引ツールはとても豊富で、チャートをローソク足や平均足に切り替えることもできますし、以下の6つのテクニカル指標を使用することもできます。

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • ストキャスティックス
  • MACD

これだけ揃っていると、LION BOのプラットフォームだけでより精密な分析をしつつ予測の精度が高いエントリーができます

他社でここまで豊富に揃っているところはなかなかありません!

秋田

田中

分析に重きを置くならLION BOだね!

LION BOの詳細情報については、LION BO(ヒロセ通商)とは?評判・口コミまとめでまとめているので、是非参考にしてみてください。

国内バイナリーオプション業者で口座開設する前に知っておくべきこと

国内バイナリーオプションでは口座開設する前に知っておくべきことがあります。

最後にその点についてご紹介します。

知識テストがある

実は、国内バイナリーオプション業者では口座開設時に知識テストがあります。

投資経験がある人には難しい内容ではないのですが、まったく知識がない状態では合格できないかなという基本知識を問われますので、自信がない人は勉強しましょう。

FX系の参考書を一冊読んでおけば問題ないでしょう!

秋田

勉強方法については、バイナリーオプションで失敗しない効率的な勉強方法6選でも解説しているので、気になる方は参考にしてみてください。

最低金融資産が設けらている業者もある

国内バイナリーオプションでは、口座開設の条件として最低金融資産を設けている業者もあります。

どの業者も申し込む際に自己申告で資産を入力する必要があるのですが、資産が最低金融資産に達していないと口座開設ができない場合があります

【具体例】

GMOクリック証券の場合は、口座開設受付基準として100万円以上の金融資産、年収が200万円未満の場合は300万円以上の金融資産が必要と基準を設けています。

まとめ

国内バイナリーオプションの仕組みやおすすめ業者についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

個人的には、安全性の高さや税金面での優遇はあるものの、バイナリー本来の旨味が味わいにくい国内バイナリーオプションはあまりおすすめしません

少ない掛け金で報酬が約2倍になる海外バイナリーオプションが稼ぎやすくておすすめです!

秋田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です