バイナリーオプションで勝てない人の5つの特徴と対策

バイナリーオプションで勝てない人の特徴と対策

「バイナリーオプションでなかなか勝てない…」
「どうして勝てないのか知りたい…」

この記事では、こういったお悩みを解決していきます。

バイナリーオプションで勝ちたいのに勝てないという人が多いようですね。

バイナリーで勝つには、勝てない人と反対のことをすればいいわけなので、ここでは、まずバイナリオプションで勝てない人の特徴を見て、勝つコツを洗い出してみましょう。

「勝てない…」とお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

秋田

バイナリーオプションで勝てない人の5つの特徴

バイナリーオプションで勝てない人の5つの特徴

バイナリーオプションで勝てない人には、いくつかの共通点があります。

そのため、勝てない人の共通点を把握して反面教師とすることで、自然と勝率は上がってきます。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

1.運任せである

バイナリーオプションで勝てない人と勝つ人の大きな違いの一つは、勝てない人は運任せで、勝つ人はそうではないということです。

このことは統計学的にも証明されていますので、詳しく見てみましょう。

バイナリーオプションのルールは、判定時刻よりも為替が上がっているか下がっているかを予想する二者択一の投資なので、単純に考えれば50%の確率で勝つはずです。

運任せでも勝率50%なら達成できることは、統計的にも立証されています。

田中

ペイアウト率が20%ならトントンになるね!
そう簡単にはいきません!

秋田

バイナリーオプション業者も収益を上げる必要があるため、普通のハイロー取引でペイアウト率2.0倍以上を設定しているまともな会社はまずありません。

つまり、勝率50%では勝てないのです。

では、「勝率何%だったら勝つことができるか?」を考える必要があります。

1回1,000円ずつの購入でペイアウト率1.9倍の場合の利益を一覧にしてみました!

秋田

掛け金1,000円/ペイアウト率1.9倍の場合
1回の購入額 勝率 10回 10回 30回 40回 50回 100回
1,000円 80% 5,200円 10,400円 15,600円 20,800円 26,000円 52,000円
1,000円 75% 4,250円 8,500円 12,750円 17,000円 21,250円 42,500円
1,000円 70% 3,300円 6,600円 9,900円 13,200円 16,500円 33,000円
1,000円 65% 2,350円 4,700円 7,050円 9,400円 11,750円 23,500円
1,000円 60% 1,400円 2,800円 4,200円 5,600円 7,000円 14,000円
1,000円 55% 450円 900円 1,350円 1,800円 2,250円 4,500円
1,000円 50% -500円 -1,000円 -1,500円 -2,000円 -2,500円 -5,000円
1,000円 45% -1,450円 -2,900円 -4,350円 -5,800円 -7,250円 -14,500
1,000円 40% -2,400円 -4,800円 -7,200円 -9,600円 -12,000円 -24,000円

ご覧の通り、損益分岐点は勝率55%ですね。運にプラスして5%の勝率を上乗せすればいいわけです。

損益分岐点とは

利益になるか?or損失になるか?のちょうど境目のことです。

5%くらい運で上乗せできるんじゃない?と思いますが、それは難しいでしょうね。このことは、大数の法則でも証明されていて、トレード回数を重ねればかなれるほど、勝率は必ず50%に近づきます。

大数の法則では試行回数が増えれば増えるほど、経験的確率と理論的確率が一致しますので、バイナリーオプションの理論的確率は2分の1となります。

つまり、トレード回数を増やしていくほど、勝率は50%に近づいていき、ますます勝てなくなるわけですね。

解決策:分析をする

運任せでバイナリーオプションをしていて勝てない人は、まず戦略を持ちましょう。

バイナリーオプションはギャンブルではありませんので、意外に偶然性よりも必然性に支配されている世界です。。

バイナリーオプションの投資対象は「為替」ですが、為替の値動きには、パターンや法則があります。ですから、その動きを分析することで予測することができます。

バイナリーオプションでの分析方法には次の2つがあります。

  • テクニカル分析:過去のチャート推移から、未来のチャート推移の予測をする分析手法
  • ファンダメンタル分析:経済動向からチャートの推移を予測する分析方法

どちらも奥が深いので、勉強すればするほど、さまざまな戦略を持てるようになると思いますので、ぜひ勉強しましょう。

関連記事バイナリーオプションにおけるチャート分析手法を徹底解説

2.短時間に何回もトレードする

バイナリーオプションを始めたばかりの人で1日に何回もトレードする人がいますが、これも勝てないです。

バイナリーオプションはその特性から何回もトレードすることができます。だからと言って、何回もトレードしていいわけではないんです。

バイナリーオプションでサインツールなどを使っていると、サインがたくさん出たりするので、何も知らないと、エントリーチャンスがたくさんあるように思えますね。

さらに、海外バイナリーオプションでは超短期取引もできます。ですから、次のような感じで、ついつい取引してしまうんですね。

  • 学校や会社の移動時間の電車内で気軽に取引
  • スピードくじ感覚で取引
  • 数分に1回のペースで取引

バイナリーオプションをスキマ時間を使って上手に取引するのはいいですが、課金ゲーム感覚でやっていると絶対に勝てないです。

ゲーム感覚でやってしまうという人は、以下のことをまず頭に入れましょう。

テクニカル分析を使った戦略的なトレードではあったとしても、1日あたりのトレードチャンスは…

  • トレードチャンスが少ないテクニカル分析手法で1日1回~2回
  • トレードチャンスが多いテクニカル分析で1日4回~5回

以外にエントリーチャンスって少ないんですね。1日に20回も30回もあるようなものではないんです。

解決策:自信があるときだけエントリーする

条件がそろって勝てるという自信があるときだけトレードしましょう。そうでなければトレードしないことです。

テクニカル分析をやって戦略的にトレードしていれば、自分の勝ちパターンみたいなものが分かってきます。

その中でも絶対的な自信があるタイミングでのみトレードしましょう。

そこまで勝ちパターンを掴めてないという人は、1日のトレード回数や予算をきちんと作り、それを厳守しましょう。

3.トレード記録を付けない

トレード記録を付けたり、振り返りをしない人も勝てないですね。

バイナリーオプションでは振り返りをすることが大切です。

少なくとも、次のようなことは、トレード後に振り返りましょう。

振り返りポイント
  • 今回のトレードの悪かった点
  • 使った手法の勝率
  • 今回のトレードの良かった点

振り返りをしない人は、実力が付きません。

というのも、バイナリーオプションで利益を上げるためには、「テクニカル分析」をすることが必須なのですが、これらのテクニカル分析を用いた手法も完璧ではないので、自分なりにカスタマイズしたり、どのテクニカル分析による手法が一番自分にとって勝率が高いかをテストするなどの何らかの裁量を入れる必要があります。

そのため、トレード結果を記録していないと、どの点がどうよくて、どんな風にカスタマイズしたらいいのかが分からず次につなげられないからです。

解決策:振り返りをする

やることはトレード日記をつけて振り返りをすることです。これは、だれでもやれることなので絶対にやるべきです。

バイナリーオプションに限ったことではなく、投資全般にいえることですが、投資で勝っている人は、必ずトレード日記をつけています。

トレード日記には次のようなことを記録しましょう。

トレード日記
  • やったトレードのシナリオ
  • トレードルール
  • トレード画面のキャプチャ
  • 取引ごとのトレード情報(購入金額・エントリー・通貨ペア・為替レート・損益)
  • 気づいたこと
  • 改善点

トレード日記はA4のノート1ページの大きさにまとめると振り返りがしやすいです。

記録するのは、ノートでもWEB上のツールでも、エクセルでもなんでもかまいません。ご自分が振り返りやすいような形式でまとめておきましょう。

繰り返しますが、これはやるかやらないかの問題です。何も考えずにやりましょう。

4.お金にルーズ

資金管理ができない人はバイナリーオプションでも勝てないです。

資金管理ができない人はお金の収支を把握できていません。自分がいくら勝っていて、いくら損失を出しているのか、トータルで勝っているのか、負けているのかが分かっていないのです。

そういう人はたいてい勝てるようになる前に資金が底をつきます。あるいは、怖くてなってやめてしまいます。

資金管理ができない人は、次のようなことを平気でします。

  • 1回当たり5000円掛けていて、5回連続で負けてしまったのを1回で取り戻そうとして、購入金額を25,000円に引き上げる
  • 1日の予算を決めずにトレードしてしまう
  • マーチンゲール法を使って、「負けたら倍」の金額を掛けるということを繰り返してしまう

こういった無計画な資金の使い方をしてしまいます。

先ほどの箇条書きの中に出てきたマーチンゲール法とは、次のようなギャンブルの手法です。

  • 負け:次の取引は購入額を2倍にする。負ければ2倍、4倍、8倍、16倍、32倍と掛け金を上げていく
  • 勝ち:元の購入金額に戻す

マーチンゲール法は無限大にお金があるならいいですが、この法を使っていると結局、お金がなくなり、トレード自体を続けられなくなります。

解決策:資金管理を徹底する

資金管理ができない人がやることは、もちろん資金管理を徹底することです。

そのためには、予算を考えなければなりません。実は資金管理が苦手という人の多くが、この予算組みが苦手という人が多いですね。

バイナリーオプションでの予算の立て方としては、逆算していく方法をおすすめします。

例えば、バイナリーオプションの予算を5か月で50万円としましょう。

すると、次のように逆算できますね。

  • 5カ月:50万円
  • 1カ月に使える金額:10万円
  • 1週間で使える金額:2,5000円
  • 1日で使える金額:5,000円

これは、金額が小さくても大きくても同じです。

そして、「設定金額以上に負けたら、その日、その週はトレード」しないとうルールをしっかりと守りましょう。

もう一つ重要なのは、勝率が55%を超えるトレード手法を身に着けるまでは、少額でトレードするということです。あるは、デモ取引ができるなら、それを活用しましょう。

勝率55%を安定して維持できるようになれば、購入金額を引き上げても、損失が出ることはまずありません。

バイナリーオプションでも長く、トレードをし続けるということが、大きな利益を出す上では大切です。

ですから、次のようなことを心がけてトレードをしましょう。

ポイント
  • 勝率が安定して55%を超えるまでは、少額取引あるいはデモ取引でテスト運用する
  • 勝率が安定して55%を超えたら、購入額を増やして儲けを増やす

関連記事バイナリーオプションの資金管理術を解説!”複利”が鍵になる?

5.取引時間を戦略的に使っていない

取引時間がバラバラの人いますね。こういう人もバイナリーオプションではなかなか勝てないです。

例えば、こんなトレードの仕方をしていませんか?

先週は以下の時間帯にトレードをした。

  • 月曜日の朝7時
  • 火曜日の午後13時
  • 水曜日の深夜2時
  • 木曜日の午後17時

今週は次の通り。

  • 火曜日の午前中10時
  • 木曜日の朝7時
  • 金曜日の午後19時

こんなやり方では、まず勝てないです。

なぜなら、為替市場というのは、「曜日」「時間帯」によって市場参加者の顔ぶれが変わるからです。

それにともない、トレードの傾向も異なってくるので、それに合わせて、こちらもトレードの手法を変える必要があります。

バイナリーオプションは平日ならほぼ24時間取引できますが、為替市場というのは、世界中の時間帯ごとによって市場が切り替わっていることを忘れないようにしましょう。

ちなみに、市場は次のような順番で一巡します。

市場の開閉順
  • ニュージーランド/ウェリントン
  • 豪州/シドニー
  • 日本/東京
  • 中国/香港
  • シンガポール
  • 中東/バーレーン
  • ロシア
  • ドイツ/フランクフルト
  • スイス/チューリッヒ
  • フランス/パリ
  • 英国/ロンドン
  • 米国/ニューヨーク

日本時間の12時ころの比較的レートが落ち着いている時間帯と、米国ファンドが暴れまわっている日本時間の深夜のレートでは、全然違う動きをします。

ぞれぞれの取引時間帯でレートの傾向が違うわけですから、同じトレード手法でやっていたら精度が上がらないというのはご理解いただけると思います。

解決策:取引時間を意識する

取引時間を意識するだけでも随分勝率は上がると思います。

まずはトレードする時間帯を決めてしまいましょう。

例えば、「毎日:22時~24時の間」と決めたら、まずはその時間帯に徹底して取引してみましょう。

そうすることで、この時間帯にご自分にとって勝率がよい手法が見つかるはずです。

と同時に、使っている手法と相性のいい相場というのも見えてくるはずですので、そういった波がよく起こる時間帯を探していけば、自然と取引できる時間帯も広がってくるでしょう。

関連記事バイナリーオプションで勝てる時間帯と負ける時間帯教えます!

バイナリーオプションで勝っている人の割合

バイナリーオプションで「勝てない…」と嘆く人の中には、本当に勝っている人がいるのかどうか気になりますよね?

そこで、バイナリーオプションで実際に勝っている人がどれくらいの割合いるのかご紹介します。

金融先物取引業協会の調べでは、バイナリーオプションで利益を上げている人は全体の20%ほどだそうです。

つまり、残りの80%は損失を出しているか、資金を失っているわけです。

田中

8割も負けのか…やっぱり初心者には難しそうだね…
諦めるのはまだ早いです!

秋田

バイナリーオプションと似た投資方法に「FX」がありますが、FXで勝てている人の割合は約10%です。

その他の投資方法も、だいたいFXと似たような割合になっています。

つまり、バイナリーオプションは数ある投資方法の中でも比較的稼ぎやすい部類に入るのです。

また、バイナリーオプション業者の中には「デモ取引」を提供しており、本番取引の前に自分がどれくらい勝てるのかを事前に確認することができます。

デモ取引とは

仮想の資金を使って本番と同じ環境でバイナリーオプション取引の体験ができるサービスのことです。

人気No.1業者のハイローオーストラリアなら無料でデモ取引ができるのでおすすめです!

秋田

\無料で取引練習が可能!ハイローのデモ取引がおすすめ!/

 

なお、ハイロー以外にもデモ取引ができる業者を以下の記事でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事バイナリーオプションのデモ取引ができる人気業者特集【登録不要】

まとめ

バイナリーオプションで勝てない人の共通点をおさらいしましょう。

これらのことは、次のようなことを実践することでかなり克服できるはずです。

解決策
  • 為替レートを分析し、勝率を55%以上に引き上げる
  • 勝てるという絶対的な自信があるチャンス以外にはトレードしない
  • トレード日記をつけてトレードごとの振り返りをする
  • 予算を決めて、その金額以上はトレードしない
  • 取引時間を決めて、それ以外の時間はトレードをしない

バイナリーオプションがギャンブルではありませんし、複雑な計算やややこしい理論を駆使するものでもありません。

確かに、バイナリーオプションは奥が深いので、勉強すれば勉強するほど、知識が増え、いろんなことを意識するようになるでしょう。

しかし、勝つ方法は意外にシンプルです。誰でも実践しようと思えば、実践できることで、どちらかというとやるかやらないかの問題です。

勝つためのポイントをしっかりと押さえて、エントリールールを守れば、結果はかなり変わってくると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です