CCIを利用したバイナリーオプションの取引手法を徹底解説

CCIを使ったバイナリーオプション取引手法の解説

「CCIを利用した取引手法が知りたい!」
「CCIと相性の良いインジケーターってどれ?」

この記事では、こういった疑問にお答えします。

CCIの使い方やメリット・デメリット、組み合わせると相性の良いインジケーターや実際の取引手法について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

取引手法をデモ口座で実際に体験してみると、記事の内容がよりイメージしやすくなりますよ!

秋田

\取引の練習が無料でできる「デモ」がおすすめ!/

CCIはどんなインジケーターなのか

CCIとは何か

CCIとは

「Commodity Channel Index」の略で、テクニカル分析に使うオシレーター系のインジケーターです。

CCIを利用することで相場の過熱状態が分かるようになります。

田中

過熱…状態…?
要するに、買われすぎているのか?or売られすぎているのか?を判断できるのです!

秋田

RSIと異なる点は、CCI以外のオシレーター系インジケーターが0%~100%の間で相場の過熱具合が表されるのに対して、CCIには下限と上限の数値がありません。

つまり、-100%未満や100%以上になることもあるということです。

このことを理解するために、CCIの計算式を見てみましょう。

CCIの計算式

CCI=(TP-MA)÷(0.015×MD)

  • TP:基準値のこと
    (高値+安値+終値)÷3という計算式で算出される
  • MA:基準値の単純移動平均のこと
    TPのN本分の単純移動平均を表す
  • MD:平均偏差のこと
    算出式は{(MA-TP1)+(MA-TP2)+…+(MA-TPN)}÷ N

Nには14が使われることが多いです。

CCIの計算式が意味することを端的に説明すると次のようになります。

単純移動平均線との距離が過去の平均に比べてどうかを表している

もっと平たく言うと、移動平均線よりも現在の価格が高ければCCIはプラス、低ければマイナスになり、移動平均線と現在の価格が同じであればCCIはゼロです。

CCIの使い方

それでは、CCIの具体的な使い方について解説していきます。

CCIは相場が買われすぎか売られすぎかを判断する指標ですが、一般的に次のように言われています。

  • 100以上で買われすぎ
  • -100以下で売られすぎ

下の図を見てください。

CCIの表示

ローソク足の下にCCIを表示しています。CCIの数値が100以上の部分(青い枠)が買われすぎ、-100以下の部分(赤い枠)が売られすぎのゾーンです。

CCIは移動平均線との距離が過去の価格に対して離れているか、近いかを表します。そのため、平均足と組み合わせてみると今の相場の状況が把握しやすいです。

平均足とは

普通のローソク足と違い、始点が前の足の箱部分の中間値です。平均足は陽線と陰線のトレンド(連続性)に焦点を当てたローソク足です。

そのため、平均足でトレンドを見ながらCCIを見ていくと、レンジ相場での反発をより予測しやすくなるのです。

具体的には、次のような感じ。

ポイント
  • CCIが100のラインを上から下に突き抜ける→平均足が陽線から陰線に変化→LOWエントリー
  • CCIが-100のラインを下から上に突き抜ける→平均足が陰線から陽線に変化→HIGHエントリー

FXなどでCCIを使ってエントリーする場合、順張りが一般的ですが、バイナリーオプションでは、逆張りにCCIを利用します。

CCIを利用するメリット・デメリット

CCIを利用するメリットとデメリット

続いては、バイナリーオプション取引でCCIを利用するメリット・デメリットについてご紹介します。

まずはメリットから見ていきましょう。

CCIを利用するメリット

バイナリーオプションでCCIを利用するメリットとしては、次の2つがあげられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

順張りと逆張りの両方に使える

CCIは売られすぎ・買われすぎの相場の過熱感が分かる指標です。

そのため、買われすぎのサインが出れば相場は下降し、売られすぎのサインが出れば上昇に転じると予測できます。

この特性を使えば、逆張りと順張りの両方でエントリーすることができるため、よりチャンスが広がります。

値動きに対して反応が早い

CCIのもう一つの特徴は値動きに対して反応が早いことです。

どれくらい早いかというと、シグナルの発生が早いとされているEMAよりも早いです。

EMA(指数移動平均)とは

単純移動平均線よりも直近の価格に重点を置いた移動平均線です。

EMAは、相場に対して敏感に反応するという特徴があります。

CCIはそのEMAよりも相場に敏感に反応するのです。

値動きに対して反応が早いと、相場の転換をいち早く察知することができます。

CCIのデメリット

次にCCIのデメリットについて考えてみましょう。CCIのデメリットとしては次の2点があげられます。

こちらもそれぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

ダマシが起こりやすい

値動きに対して反応が早いことはメリットである反面、デメリットでもあります。

というのも、ダマシが起こりやすいからです。

ダマシとは

瞬間的に為替レートが動く現象のことで、別名「ノイズ」とも呼ばれます。

例えば、±100の値を基準にしていても、CCIには上限と下限がないので、±200まで達することも往々にしてあります。

そのため、一見相場転換のサインや売買のサインが発生したように見てても、予測した通りにはならず、「結果ダマシだった…」ということもあり得るのです。

CCIのみではエントリーの根拠として弱い

ダマシに遭いやすいという点で、CCIだけを根拠にエントリーするのは危険です。

そのため、CCIの他にもインジケーターを併用することをおすすめします。

これは、CCIに限ったことではなく、どのインジケーターにも言えることです。

ちなみに、他のインジケーターと合わせてCCIを活用する場合、逆張りであればオシレーター系インジケーターを、順張りであればトレンド系インジケーターを使って精度を高めるといいでしょう!

秋田

CCIと組み合わせると相性の良いインジケーター3選

CCIと組み合わせると相性の良いインジケーター

先程、CCIを利用するデメリットとして「ダマシ」を挙げましたが、このダマシを回避するには他のインジケーターと組み合わせて利用するのが一番です。

そこで、CCIと組み合わせると相性の良いインジケーターを3つご紹介します。

相性の良いインジケーター
これらのインジケーターと組み合わせた攻略法を見ていきましょう!

秋田

CCI×RSI

RSIとCCIの2つのインジケーターを組み合わせは、逆張りのエントリー精度を上げるために使います。

具体的な見方としては次の通りです。

HIGHでエントリーする際の条件
  • RSIが30未満の水準になっている
  • CCIが-100未満の水準を下に抜けている
LOWでエントリーする際の条件
  • RSIが70以上の水準になっている
  • CCIが+100以上の水準を上に抜けている
2つが似たような動きをするので、視覚的にも分かりやすいでしょう!

秋田

なお、RSIについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事ハイローオーストラリアでRSIを使う際の設定方法や使い方

CCI×移動平均線

CCIは移動平均線のパーフェクトオーダーと組み合わせれば、順張りを攻略するのにも使えます。

パーフェクトオーダーとは

移動平均線の短期・中期・長期の移動平均線が順番に並んで、同じ方向を向いている状態です。

パーフェクトオーダーは強いトレンドを形成しているサインですが、それだけでエントリーするのは危険です。

パーフェクトオーダーを形成している場合は、その途中に抵抗線がないことを確認する必要があります。

その抵抗線を抜けるかどうかを判断するのにCCIを用います。

具体的になエントリー条件は次の通りです。

HIGHでエントリーする際の条件
  • 移動平均線が上から順番に短期・中期・長期の順番に並び、且つ上昇トレンドを形成している
  • CCIが-100を上抜けする
LOWでエントリーする際の条件
  • 移動平均線が上から順番に短期・中期・長期の順番に並び、且つ下降トレンドを形成している
  • CCIが100を下抜けする
この手法はパーフェクトオーダーという大きな流れがきている中の小さな動きをCCIで捉えるイメージです!

秋田

CCI×MACD

バイナリーオプションは判定時間が短いので、その間に「確実に予想した通りに動く!」という確信がないとなかなかエントリーできないものです。

ですから、30秒取引や1分取引では相場に対する反応が早いインジケーター同士を組み合わせるのもアリです。

MACDも近日に重きを置いたインジケーターなので、相場に対する反応は早く、CCIと組み合わせると短期取引には有効です。

具体的になエントリーの条件としては次のようにになります。

HIGHでエントリーする際の条件
  • CCIが-100を抜ける
  • MACDラインがシグナルラインを上抜けする
LOWでエントリーする際の条件
  • CCIが+100を抜ける
  • シグナルラインがMACDラインを上抜けする

絶対というわけではありませんが、ダマシが多い上に有効な攻略法が少ない超短期取引においては、CCIとMACDの組み合わせは貴重な攻略法と言えるでしょう。

なお、MACDについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事バイナリーオプションにおけるMACDの有効的な活用方法を解説

MT4にCCIを表示させる方法

MT4にCCIを表示させる方法

CCIはMT4/MT5などのチャートに表示させて使います。

ということで、最後にMT4にCCIを導入する方法をご紹介します。

CCIの導入はとても簡単で、以下の5ステップで完了します!

秋田

CCI導入手順
  • 手順1.MT4画面上部の「挿入」をクリック
  • 手順2.「インディケータ」をクリック
  • 手順3.「オシレーター」をクリック
  • 手順4.「Commodity Channel Index」をクリック
  • 手順5.各種設定項目を入力して完了

手順4でCommodity Channel Indexをクリックすると、次のような設定画面が表示されます。

CCIの設定画面

  • 期間:ローソク足何本分を計算に使うかを設定する(基本的に14に設定すればOK)
  • 適用価格:rsiを併用する場合は「Close」に変更してください

初期設定では100と-100にラインが引かれます。

追加したい場合は、「レベル表示」タブで「追加」をクリックし、「レベル設定」の項目に表示させたいラインの値を入力して「OK」をクリックしてください。

CCIの導入完了画面

無事にCCIが導入されました。

ちなみに、MT4のインストールや詳しい使い方については以下の記事で解説しています!

秋田

関連記事バイナリーオプションにおけるMT4のインストール手順や使い方

まとめ

CCIを利用したバイナリーオプション取引の手法について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

CCIは、順張りにも逆張りにも使える便利なインジケーターです。

しかし、どのインジケーターにも言えることですが、CCIも完璧なものはないので絶対に当たるとは限りません。

そのため、CCI単体ではなく、先程ご紹介したインジケーターと組み合わせて使うようにしましょう。

とりあえず、まずはデモ口座でCCIを利用した取引を試してみましょう!

秋田

田中

デモである程度勝てるようなら本番取引でチャレンジするのがいいね!

\取引の練習が無料でできる「デモ」がおすすめ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です