比較して分かった人気No.1業者で無料取引体験しませんか?

バイナリーオプション業者のペイアウト率を徹底比較してみた!

バイナリーオプション業者をペイアウト率で徹底比較

こんにちは!サイト管理人の秋田(@hidenori_akita)です!

秋田

この記事で分かること
  • 業者別のペイアウト率比較
  • ペイアウト率が重要な理由

バイナリーオプションにおいて「ペイアウト率」はとても重要な要素です。

というのも、ペイアウト率が高いほうが一般的に稼ぎやすいとされているからです。

そこで今回は、バイナリーオプション業者ごとのペイアウト率を徹底比較していきます。

\様々な項目で業者を比較したい方へ!/

当サイトでは、ペイアウト率の他にも、様々な項目ごとにバイナリーオプション業者を比較しています。他の比較項目についてはバイナリーオプションのおすすめ業者を徹底比較で詳しくまとめています。

バイナリーオプション業者ペイアウト率比較ランキング

それでは早速、ペイアウト率で比較しておすすめバイナリーオプション業者についてご紹介していきます。

まずは全体の比較表をどうぞ(※右にスクロールしてください)。

業者名 最低ペイアウト率 最大ペイアウト率 ハイロー取引ペイアウト率
ハイローオーストラリア 1.80倍 2.30倍(スプレッド取引) 1.80倍~2.00倍
ザオプション 1.80倍 2.05倍(スプレッド取引) 1.80倍~2.00倍
ゼントレーダー 1.80倍 1.95倍 1.80倍~1.95倍
bi-winning 1.80倍 1.89倍 1.80倍~1.89倍
fxbinary 1.70倍 2.00倍(レンジ取引) 1.70倍~1.80倍
ファイブスターズマーケッツ 1.69倍 1.83倍 1.69倍~1.83倍
ザ・バイナリー 1.65倍 2.05倍(レンジ取引) 1.65倍~1.85倍
ジェットオプション 1.70倍 2.50倍(取引) 1.70倍~1.84倍
エムトランザクション 1.74倍 2.00倍(レンジ取引) 1.74倍~1.90倍

【補足情報】

ここでご紹介するランキングは、利用者の多い一般的なハイロー取引のペイアウト率を元に決定しています。ハイロー取引のペイアウト率を参照する理由は後ほど解説します。
また、国内業者のペイアウトは一律1,000円で固定されているので、ここでご紹介する業者は全て海外業者になります。

それではランキングを見ていきましょう!

秋田

第1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.80倍
最高ペイアウト率 2.30倍(スプレッド取引)
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.80倍~2.00倍
業者概要
最低入金額 5,000円
最低取引金額 1,000円
最高取引金額 200,000円

第2位:ザオプション

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.80倍
最高ペイアウト率 2.05倍(スプレッド取引)
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.80倍~2.00倍
業者概要
最低入金額 5,000円
最低取引金額 1,000円
最高取引金額 200,000円

第3位:ゼントレーダー

ゼントレーダー

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.80倍
最高ペイアウト率 1.95倍
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.80倍~1.95
業者概要
最低入金額 5,000円
最低取引金額 500円
最高取引金額 100,000円

第4位:bi-winning

bi-winning

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.80倍
最高ペイアウト率 1.89倍
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.80~1.89倍
業者概要
最低入金額 5,000円
最低取引金額 500円
最高取引額 200,000円

第5位:エムトランザクション

エムトランザクション

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.74倍
最高ペイアウト率 2.00倍(※レンジ取引)
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.74倍~1.90倍
業者概要
最低入金額 10,000円
最低取引金額 200円
最高取引金額 50,000円

第6位:ジェットオプション

ジェットオプション

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.70倍
最高ペイアウト率 2.50倍(スプレッド取引)
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.70倍~1.84倍
業者概要
最低入金額 10,000円
最低取引金額 100円
最高取引金額 50,000円

第7位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.69倍
最高ペイアウト率 1.83倍
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.69倍~1.83倍
業者概要
最低入金額 10,000円
最低取引金額 500円
最高取引金額 100,000円

第8位:ザ・バイナリー

ザ・バイナリー

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.65倍
最高ペイアウト率 2.05倍(レンジ取引)
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.65倍~1.85倍
業者概要
最低入金額 10,000円
最低取引金額 100円
最高取引金額 50,000円

第9位:fxbinary

fxbinary

ペイアウト率
最低ペイアウト率 1.70倍
最高ペイアウト率 2.00倍(レンジ取引)
総合ペイアウト率
(※ハイロー取引)
1.70倍~1.80倍
業者概要
最低入金額 20,000円
最低取引金額 500円
最高取引金額 200,000円

ペイアウト率が何故重要なのか?

ペイアウト率の重要性

結論から言うと、バイナリーオプションの利益は「掛け金×ペイアウト率」で決まるからです。

そのため、ペイアウト率が高ければ高いほど稼ぎやすいのです。

また、損益分岐点の観点で見てもペイアウト率は高いほうが良いです。

損益分岐点とは

利益となるか?損失となるか?のちょうど境目のラインのことです。「損益分岐勝率」ともいいます。

損益分岐点は以下の計算式で算出することできます。

損益分岐点=100÷ペイアウト率

普通に考えれば、バイナリーオプションは二択予想の投資なので、損益分岐点は50%だと思いがちですがそうではありません。

上の計算式を参照すると、ペイアウト率が2倍あれば損益分岐点はちょうど50%になります。

ただ、先程の比較ランキングを見てもらうとわかりますが、一般的なハイロー取引でペイアウト率が2倍を超える業者はありません

実際は1.70倍~1.90倍の業者が多いので、損益分岐点は約54%~56%になります。

田中

ペイアウト率の高い取引方法をメインで使えば良いのでは?
ハイロー取引以外は難易度が高いのでそもそもの勝率が下がってしまうのでおすすめしません!

秋田

つまり、なるべく低い勝率でも利益を出すためには高いペイアウト率が必要になる=ペイアウト率の高い業者を選ぶべきということになるのです。

まとめ

バイナリーオプション業者のペイアウト率について比較しましたが、いかがだったでしょうか?

ペイアウト率の重要性についてもしっかりとご理解いただけたと思います。

おさらいになりますが、ペイアウト率で選ぶなら「ハイローオーストラリア」が1番おすすめです。

また、ペイアウト率だけではなく業者の評判も良く、日本人トレーダー人気No.1を誇ります。

新規登録で5,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中なのでお得ですよ!

秋田

\新規登録で5,000が貰える!/

 

\他にも比較項目はたくさんあります!/

当サイトでは、ペイアウト率の他にも様々な項目ごとに業者を比較しています。

他の比較項目も気になる方は、バイナリーオプションのおすすめ業者を徹底比較を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。