ハイローオーストラリアとRSIを組み合わせた攻略手法を解説

ハイローオーストラリアでRSIを利用した手法解説

「RSIってどんなインジケーターなの?」「どうやって使うの?」

この記事では、こういった疑問を解決します。

ハイローオーストラリアで利益を上げているトレーダーは、”必ず”と言っていいほどRSIを使っています。

ここでは、そんなRSIについて設定方法や具体的な使い方等、徹底解説していきます。

RSIを使いこなして稼げるトレーダーを目指しましょう!

秋田

RSIとは

RSIとは

RSIとは

一定期間中の値動きを上昇と下降に分けて、上昇分が全体の何%になるかというのを示すインジケーターです。

要するに、相場の買われすぎor売られすぎを数値化したものです!

秋田

RSIの値は0%~100%の間で動き、値が小さいほど売られ過ぎを示し、値が大きいほど買われすぎの状態を示します。

ちなみに、RSIは「Relative Strength Index(相対力指数)」の略です

RSIの算出式

RSIについて理解を深めるために、RSIの値を出す計算式も見ておきましょう。

今回の例では、計算期間を「14」としています。(14本分のローソク足から計算します。)

期間を14と設定すると、計算には最低でも15本分のデータが必要になります。

RSIの計算式

RSI=A÷(A+B)×100

田中

計算式のAやBは何を表すの?
Aは14本の値上がり幅(※1)の平均を表し、Bは14本の値下がり幅(※2)の平均を表します!

秋田

(※1)値上がり幅:前足の終値に対して価格がいくら上がったか(次足-前足)
(※2)値下がり幅:前足の終値に対して価格がいくら下がったか(次足-前足)

なお、ローソク足に関しては「バイナリーオプションはローソク足だけで勝てる?種類や見方を解説」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

RSIの使い方

RSIの使い方

繰り返しますが、RSIは買われすぎ・売られすぎを表すオシレーター系のインジケーターです。

そのため、使い方としては、買われすぎ・売られすぎの状態になった時にそれを解消する方向、つまり、価格の反発を狙うのが一般的な使い方です。

価格の反発を狙うということはつまり…?

秋田

田中

逆張りの時に使うということだね!
正解です!

秋田

なお、売買のサインは次の通りです。

売買サイン
  • RSIが70%以上のときが買われすぎ水準
  • RSIが30%以上のときが売られすぎ水準

この水準に達したときに価格が反発すると予測できます。

それでは、実際にチャートを見ながら解説します。

RSIのチャート画像

上の図はチャート上にRSIを表示しています。

RSIが70%に達した部分で反発して下落し、RSIが30%に達した部分で反発して価格が上昇しているのが分かりますね。

反発している矢印のポイントで反対方向にエントリーしましょう。

RSIの弱点

RSIはとても分かりやすく、ハイローオーストラリア初心者でもすぐに使うことができると思います。

しかし、RSI単体で大きな効果を発揮できません。

というのも、RSIには得意な相場と不得意な相場があり、その見極めが重要だからです。

RSIは基本的に、レンジ相場で有効なインジケーターです。

そのため、急激な出来高の変化に弱いという弱点があります。

田中

RSIにもそんな弱点があるのか…
万能なインジケーターなんて存在しませんからね!

秋田

【具体例】

今現在のローソク足間の価格の変動幅が10pips程度のレンジ相場だったとします。そこに上昇トレンドが発生して値動きが急に活発になり変動幅が40~50pipsとなった場合、RSIの値はどうなるのでしょうか?

本来なら「RSIの数値は急激に上がって買われすぎ水準の70%に達する」と考えるでしょう。

>しかし、RSIはあくまでレンジ相場で効果を発揮するものなので、急変動があった場合は、たとえ数値上は水準に達していても実際に買われすぎているわけではないのです。

「RSIはレンジ相場で有効なインジケーターである」ということをしっかり頭に入れておきましょう!

秋田

RSIの弱点を克服する方法

RSIの弱点克服方法

RSIの弱点について解説しましたが、RSIの弱点にはきちんと対策法があるので安心してください。

RSIの弱点克服方法は次の3つです。

それぞれ詳しく解説します!

秋田

他のインジケーターと併用する

1番目は「他のインジケーターと組み合わせて使う」という方法です。

使う相場さえ間違えなければ、RSI単体でも50%以上の勝率は出せると思います。

しかし、さらにエントリーの根拠を増やして勝率を上げたいなら、他の逆張り手法に用いられる他のインジケーターも併用すると良いでしょう。

RSIと併用するのにおすすめのインジケーターは後ほど解説します!

秋田

マーケットオープン後の出来高の変化に注意する

RSIは、出来高が少ない相場→出来高の多い相場への変化にはほとんど役立たないインジケーターです。

その点を考えると、マーケットオープンに伴う出来高の変化には注意が必要になってきます。

例えば、出来高の少ない日本時間→ロンドン時間の切り替えタイミングでは、出来高が急激に増える傾向があるので、RSIが大きく変動することが多いです。

その日の相場を分析する

取引する当日の相場分析をすることも大切です。

RSIを使用するのではあれば、その日の相場を見返して「RSIが有効に働いているのか?」を確認しましょう。

相場を振り返って、RSIが「買われすぎ」or「売られすぎ」水準に達しているにも関わらず、価格が反発していないような場合、RSIが有効に働かない相場の可能性が高いです。

仮に、RSIが有効に働いていないことが分かった場合は、以下の3つの対策を試してみてください。

対策まとめ
  • 基準をさらに厳しくする
  • 他に有効な根拠を探す
  • 取引をあきらめる

なお、相場の分析方法については「バイナリーオプションにおけるチャート分析手法を徹底解説」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

RSIと相性が良いインジケーター3選

RSIと相性の良いインジケーター

ここでは、先ほどお話しした「他のインジケーターと併用する」という話の続きで、実際にどういう組み合わせがいいのかをご紹介します。

RSIと相性が良いインジケーターは以下の3つです。

RSIと相性が良いインジケーター
それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

RSI×移動平均線

移動平均線とは

トレンドの転換点や、発生点などを見るときに利用されることが多い指標のことで、別名「MA」とも呼ばれます。

移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスは反応が出るのが遅いので、それをRSIでカバーする形になります。

エントリータイミングとしては以下の通りです

エントリータイミング
  • ゴールデンクロス発生時:RSIが50%以上なら上昇の力が強い
  • デッドクロス発生時:RSIが50%以下なら下落の力が強い

先ほど、RSIは逆張りに使うことが多いと書きましたが、移動平均線と組み合わせることで、トレンドに沿った順張りにも使えるようになります。

ただ、この方法はあくまでも移動平均線のデッドクロスまたはゴールデンクロスの発生が取引の目安となっているので、パターンが出るまでは待機することが重要です。

RSI×ボリンジャーバンド

RSIとボリンジャーバンドを併用することで、相場の転換点がより分かりやすくなります。

この2つを併用してトレンドの転換点が予想される場合は、逆張りでエントリーするか、不安な場合は様子を見るようにしましょう。

具体的に言うと、為替レートがボリンジャーバンドの-3σか-2σに触れている(突き抜けている)時にRSIの角度が鋭い場合などが該当します。

RSI×MACD

RSIとMACDを組み合わせた場合もトレンドの転換点を見ていきます。

この場合のポイントは以下の通りです。

ポイント

シグナルラインが0ラインを突き抜け、RSIが30%以下もしくは70%以上

トレンドの転換が予測される場合は、逆張りするという方法もありますが、自信がないうちは一度様子を見てみるのもアリです。

なお、MACDについては「バイナリーオプションにおけるMACDの有効的な活用方法を解説」でより詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアはデモ取引が可能なので、本番取引の前に一度デモでこれらの組み合わせを試してみるといいですよ!

秋田

デモ取引とは

バイナリーオプション取引の「体験」が無料でできるサービスのことです。仮想の資金を使うので、どれだけ負けようが損失が出ることはありません。

\無料の取引体験ができる「デモ」がおすすめ!/

 

なお、デモ口座の詳細については「ハイローオーストラリアのクイックデモの始め方や使い方を徹底解説!」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

MT4でRSIを設定する方法

最後に、MT4にRSIを挿入する方法を見ていきましょう。

設定と言っても面倒な作業は全くありませんのでご安心を。

MT4とは

無料で入手できる高性能テクニカル分析ツール「メタトレーダー4」のことで、FXのトレードプラットフォームとしてロシアのMetaQuotes社(メタクオーツ社)が開発しました。

詳しくは「バイナリーオプションにおけるMT4のインストール手順や使い方」を参考にしてみてください。

それでは、設定方法を見ていきましょう!

秋田

MT4を起動したら画面上部のメニューバーから、「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」→「Relative Strength Index」の順でクリックします。

RSIの設定方法

基準となる水平線を引きたいのであれば、「レベル表示」タブで「追加」をクリックし、「レベル設定」の項目に表示させたいラインの値を入力します。

RSIの設定方法

以上でMT4にRSIを設定する手順は完了です。

まとめ

ハイローオーストラリアとRSIを組み合わせた手法について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

RSIは基本的に逆張りに使うインジケーターですが、苦手な局面というのもあるので、RSI単体だとちょっと心配だと思います。

その際は、他のインジケーターを併用してエントリーの根拠を増やすか、逆張りは狙わずあえて順張りのタイミングを計る指標として使ってみるのもいいかもしれません。

RSIの特性をしっかりと捉えて上手に活用してみてくださいね。

先程も言いましたが、RSIを試すならまずはデモ口座からがおすすめです!

秋田

 

なお、ハイローオーストラリアを利用した取引のやり方について「【初心者必見】バイナリーオプションの始め方や取引のやり方を簡単解説」で詳しくまとめているので、併せて参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です