バイナリーオプションの勝率を60%以上に引き上げる2つの方法

バイナリーオプションの勝率を上げる方法

こんにちは!サイト管理人の秋田(@hidenori_akita)です!

秋田

突然ですが、バイナリーオプションでは勝率が何%以上あれば黒字になるのかご存じの方はいますか?

バイナリーオプション取引が黒字になるのか赤字になるのかのラインのことを「損益分岐点」と言い、バイナリーオプションではとても重要になります。

この記事で分かること
  • バイナリーオプションの勝率の計算方法
  • 勝率とペイアウト率と掛け金の関係性
  • 実際に勝率を上げるための具体策

バイナリーオプション取引で利益をあげるためには必須の知識なので、しっかりと押さえておきましょう。

バイナリーオプションにおける勝率の計算方法

勝率を考えるにあたって、勝率の出し方が分からないと話にならないので、まずは勝率を出す方法についてお話しします。

バイナリーオプションにおける勝率の計算式は以下の通りです。

勝率=勝った回数÷エントリー数×100

例えば、10回エントリーして6回勝てば「6÷10×100=60%」となります。

ちなみに、海外バイナリーオプションには「引き分け」というのもあります。

引き分けを考慮するなら上の計算式でエントリー回数から引き分け数を引けば計算できます!

秋田

勝率とペイアウト率と掛け金の関係性について

勝率とペイアウト率と掛け金の関係性

バイナリーオプションの利益は、勝率とペイアウト率の関係で変わってきます。

ここでは、「ペイアウト率」「掛け金」「勝率」の関係を表にまとめました。

掛け金1回1,000円/ペイアウト率1.7倍の場合
1回の購入額 勝率 10回 20回 30回 40回 50回 100回
1,000円 75% 2,750円 5,500円 8,250円 11,000円 13,750円 27,500円
1,000円 70% 1,900円 3,800円 5,700円 7,600円 9,500円 19,000円
1,000円 65% 1,050円 2,100円 3,150円 4,200円 5,250円 10,500円
1,000円 60% 200円 400円 600円 800円 1,000円 2,000円
1,000円 55% -650円 -1,300円 -1,950円 -2,600円 -3,250円 -6,500円
1,000円 50% -1,500円 -3,000円 -4,500円 -6,000円 -7,500円 -15,000円
掛け金1回1,000円/ペイアウト率1.9倍の場合
1回の購入額 勝率 10回 20回 30回 40回 50回 100回
1,000円 75% 4,250円 8,500円 12,750円 17,000円 21,250円 42,500円
1,000円 70% 3,300円 6,600円 9,900円 13,200円 16,500円 33,000円
1,000円 65% 2,350円 4,700円 7,050円 9,400円 11,750円 23,500円
1,000円 60% 1,400円 2,800円 4,200円 5,600円 7,000円 14,000円
1,000円 55% 450円 900円 1,350円 1,800円 2,250円 4,500円
1,000円 50% -500円 -1,000円 -1,500円 -2,000円 2,500円 -5,000円
ご覧の通り、ペイアウト率が1.7倍の場合は勝率が60%以上ないと損失が出てますが、ペイアウト率が1.9倍だと勝率55%でも利益が出ていますね!

秋田

田中

同じペイアウト率でも掛け金を上げれば損益分岐点は変わってくんじゃないの?
それなら、次はペイアウト率1.9倍で1回当たりの掛け金を3,000円に変えてみましょう!

秋田

掛け金1回3000円/ペイアウト倍率1.9倍の場合
1回の購入額 勝率 10回 20回 30回 40回 50回 100回
3,000円 75% 12,750円 25,500円 38,250円 51,000円 63,750円 127,500円
3,000円 70% 9,900円 19,800円 29,700円 39,600円 49,500円 99,000円
3,000円 65% 7,050円 14,100円 21,150円 28,200円 35,250円 70,500円
3,000円 60% 4,200円 8,400円 12,600円 16,800円 21,000円 42,000円
3,000円 55% 1,350円 2,700円 4,050円 5,400円 6,750円 13,500円
3,000円 50% -1,500円 -3,000円 -4,500円 -6,000円 -7,500円 -15,000円

田中

掛け金を変えても損益分岐点は変わらないんだね!
むしろ、勝率が低いまま掛け金を上げてしまうと損失が大きくなることが分かりますね!

秋田

この勝率表からも分かるように、損益分岐点となる勝率(損益分岐勝率)はペイアウト率との関係で変わってくるということをご理解いただけたかと思います。

ちなみに、損益分岐点となる勝率を算出する計算式は以下の通りです。

損益分岐点=1÷ペイアウト率(倍)×100(%)

ペイアウト率1.7倍の場合、

1÷1.7×100=58.8%

ペイアウト率1.9倍の場合、

1÷1.9×100=52.6%

上の勝率表の結果と一致していますね!

秋田

バイナリーオプションで勝率を60%にあげる方法

勝率60%以上を目指す方法

ペイアウト率が高いことで知られるハイローオーストラリアでも、一般的なハイロー取引のペイアウト率は1.85倍です。

関連記事ハイローオーストラリアの評判・口コミを徹底調査!

つまり…

1÷1.85×100=54.0540540541

となるので、最低でも55%、安定して利益を上げ続けるなら勝率60%程度は欲しいところです。

というわけで、バイナリーオプションの勝率を60%以上に引き上げる具体的な方法をご紹介します。

勝率60%を目指す方法
それぞれ詳しく解説します!

秋田

トレード手法を絞る

バイナリーオプションには「逆張り」と「順張り」の2つの手法がありますが、どちらがいいのか迷っている方も多いでしょう。

正直なところ、「どっちの手法がいい!」というのはありません。

ただ、逆張りで行くと決めたら逆張り、順張りでやると決めたら順張りといった感じで、手法は絞ってそれを徹底的に研究するようにしましょう。

また、インジケーターに関しても、はじめのうちは使うインジケーターを一つに絞るのがよいです。

ご自分の手法にあったインジケーターを使って、その手法で確実に勝てるようになってから複数のインジケーターを使いこなしましょう!

秋田

ちなみに、インジケーターも大きく分けて次の2種類があります。

  • オシレーター系
  • トレンド系
オシレーター系とは

トレンドの転換やトレンドに入っていないときの相場の動きを予測するインジケーターのこと。
いわゆる「レンジ相場”と呼ばれる相場で効果を発揮し、代表的なものには「RSI」や「ストキャスティクス」があります。

トレンド系とは

トレンドへの突入を予測するインジケーターのこと。
トレンド系のインジケーターの代表的なものには「ボリンジャーバンド」や「移動平均線」などがあります。

関連記事バイナリーオプションの逆張り手法の解説と有効なインジケーター4選

時間帯を決める

トレード手法が決まると、おのずと取引時間帯も決まってます。

相場には時間帯ごとに特徴があり、レンジ相場になりやすい時間帯・トレンド相場になりやすい時間帯というのがあります。

一般的に、

  • 逆張りをするならレンジ相場がおすすめ
  • 順張りをするならトレンド相場がおすすめ

と言われているので、ご自分が活用するインジケーターが有効に機能する時間帯を選び、取引するようにしましょう。

各時間帯における相場の特徴を簡単にまとめているので参考にしてみてください!

秋田

この取引時間帯の特徴としては、クロス円通貨ペアが動き、ほかの通貨はほとんど値動きがありません。そのため、日本円を含むすべての通貨の値動きが夜時間より縮小しており、レジスタンスラインとサポートラインの間を行ったり来たりするレンジ相場になると予測できます。このことを前提としてライントレードを使った逆張りに向いている時間帯といえます。
この取引時間帯は、通貨全体の値動きが大きくなりブレイクが起きやすいです。東京セッションの時間に取引をしたFXトレーダーの指値がどの部分に集中しているかを予想し、そこに達するポイントでエントリーを行うのが攻略法の一つです。
ニューヨークの市場が開くと、全体通貨の値動きはさらに大きくなります。トレンドも発生しやすくなるので、この時間帯はライントレードは控え、トレンドに沿った順張りでエントリーするといいでしょう。

関連記事バイナリーオプションで勝てる時間帯と負ける時間帯教えます!

バイナリーオプションで勝率70%にあげるコツ

勝率70%以上を目指す方法

勝率60%をクリアできたら、さらにスキルに磨きをかけて勝率70%を目指すことになります。

勝率70%に到達するためには、スキルを磨くための勉強はもちろんですが、取引そのものを継続させる努力が必要になってきます。

そこで、取引を長く続けるためのコツをここではご紹介します。

それぞれ詳しく解説します!

秋田

資金管理を徹底する

バイナリーオプションを続けるために最も有効な手段は資金管理を徹底することです。

というのも、いくら勝率が良くても資金が底をついてしまうと取引を続けることができないからです。

資金管理を徹底する上で、次のようなことは絶対にしないようにしましょう。

やってはいけない事
  • 掛け金を無闇やたらに引き上げる
  • 1日の予算を決めずに取引する
  • マーチンゲール法を繰り返す

このような無計画な資金の使い方は厳禁です。

マーチンゲール法とは

負ける度に掛け金を倍にしていくトレード手法のこと。勝てれば負け分を一気に取り戻せますが、負け続けると損失が膨らみ続けるハイリスク・ハイリターンな手法です。

ほとんどの人は使えるお金には限りがありますから、マーチンゲール法を使っていると結局お金がなくなり、トレード自体を続けられなくなります。

また、勝率60%を超えたあたりから掛け金を上げる人も多いですが、そうすると負けた時の損失も大きくなるというのは頭に入れておきましょう。

田中

掛け金を上げるなということ…?
そうではなく、掛け金を上げるならより一層資金管理を徹底しようということです!

秋田

関連記事バイナリーオプションの掛け金の目安や上限はいくら?徹底解説

資金管理を徹底するには、予算を考えなければなりませんが、この予算の立て方が苦手という人が資金管理できない人には多い気がします。

例えば、バイナリーオプションの予算を5ヶ月で50万円にした場合は次のように逆算できます。

  • 5カ月:50万円
  • 1カ月に使える金額:10万円
  • 1週間で使える金額:2,5000円
  • 1日で使える金額:5,000円

これは、金額が小さくても大きくても同じです。

「設定金額以上に負けたら、その日、その週はトレード」しないとうルールをしっかりと守りましょう!

秋田

また、先程も言いましたが、目標とする勝率を安定的に出せるようになるまでは掛け金は一定に保つというのも重要です。

目標勝率を安定的に出せるようになったら掛け金を引き上げましょう。

なお、バイナリーオプションにおける資金管理方法は、以下の記事でより詳しく解説しているのでご参照ください。

関連記事バイナリーオプションの資金管理術!複利が鍵になる?

トレード記録をつける

「トレード日記」をつけることも大切です。

トレード日記には次のようなことを記録しましょう。

記録する事
  • やったトレードのシナリオ
  • トレードルール
  • トレード画面のキャプチャ
  • 取引ごとのトレード情報(購入金額・エントリー・通貨ペア・為替レート・損益)
  • 気づいたこと
  • 改善点

トレード日記はA4のノート1ページの大きさにまとめると振り返りがしやすいです。

記録するのは、ノートでもWEB上のツールでもエクセルでもなんでもかまいません。

要は、自分が振り返りやすい形式ならなんでもかまいません!

秋田

メンタルを鍛える

メンタルが弱い人は、負けが込んできたりすると負けた分を取り返そうと焦るので、ろくな取引ができません。

そうなる前に手を打つ必要がありますが、そのためには『メンタル管理』が不可欠です。

そして、メンタルを上手に管理するにはトレードそのものをルーチン化するのがおすすめです。

要は、ルールを作ってそれを厳守して淡々とトレードしようということです!

秋田

ルールとしては、次のような機械的にやめられるルールがいいでしょう。

  • 予算以上の取引はしない
  • 2時間取引をしたら一旦やめる
  • 1敗したら取引を終了する

関連記事バイナリーオプション取引におけるメンタル強化術10選

まとめ

バイナリーオプションにおける勝率について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、この記事の要点をおさらいしておきましょう。

要点おさらい
  • 損益分岐点はペイアウト率との関係で変わってくる
  • ペイアウト率が高いほど損益分岐点となる勝率は低くなる
  • 勝率だけでなく期待値にも着目すべし
  • 自動売買ツールは使わない

バイナリーオプションの勝率を60%以上にするのは、この記事でお話した内容を実践すればそう難しくはありません。

「今のやり方では勝てない…」とお悩みの方は是非参考にしてみてください!

秋田

関連記事バイナリーオプションで勝てない人の5つの特徴と対策