バイナリーオプションにおけるMACDの有効的な活用方法を解説

MACDを活用したバイナリーオプション攻略手法

こんにちは!サイト管理人の秋田(@hidenori_akita)です!

秋田

「MACDってどんな場面で利用すればいいの?」
「そもそも使い方が分からない…」

この記事では、こういったお悩みを解決します。

この記事で分かること
  • MACDとは何か?
  • MACDの使い方
  • MACDの導入手順

MACDを利用することで、今の相場の強さ(勢い)を把握することができ、トレンドの継続を見分けることが可能になります。

この記事では、バイナリーオプションにおけるMACDを使った攻略法について徹底解説します。

【注目記事情報】

当サイトでは、MACDを含むバイナリーオプション攻略で重要なインジケーターをまとめて紹介した記事もご用意しています。気になる方は、バイナリーオプションにおけるインジケーターの最強の組み合わせを紹介を参考にしてみてください。

MACDって何?

MACDとは

トレンド系とオシレーター系の両方の特性を持つ移動平均線を改良して考案されたテクニカル指標です。

MACDは、トレンド発生時に効果的なインジケーターの一つです。

バイナリーオプションのトレーダーの中では、RSIと並んで馴染みの深いインジケーターです。

関連記事RSIを利用したバイナリーオプションの攻略手法

MACDの構成と計算式

MACDは「MACD線」と言われる棒グラフと「シグナル」と言われる線で構成されています。
※下図参照。

MACDとは

MACDの計算式は、以下の通りです。

  • MACD(マックディ線)=12日EMA(※)-26日EMA
  • シグナル=MACDの9日EMA

※EMA=指数平滑移動平均線。

指数平滑移動平均線

通常の移動平均線(SMA)を改良し、直近のデータにより比重をおいて平均したもので、過去のデータの比重を少しずつ減らして算出されたものです。

MACDの使い方

バイナリーオプションやFXでのMACDの使い方には、主に次の2つがあります。

それぞれ詳しく解説します!

秋田

トレンドの強さの見極め

MACDをトレンドの強さを見極めるために使用します。

着目ポイントは、MACDラインが真ん中の0点より上にあるか?下にあるか?です。

それぞれの場合で、次のようなことが言えます。

  • 0点より上にある場合:上昇方向の流れ
  • 0点より下にある場合:下降方向の流れ

田中

どうして上のように判断できるの?
判断材料はMACDの計算式に隠されています!

秋田

もう一度、MACDの計算式を思い出してみましょう。

MACD(マックディ線)=12日EMA-26日EMA

この計算式からも分かるように、2つの異なる期間のEMA(移動平均線)の差を表したのがMACDです。

つまり、次のようなことが言えます。

MACDの仕組みとは

相場が上昇方向に進みだすと、まず期間の短い12日EMAの数値が大きくなります。
(より短い期間のEMAのほうがローソク足に引っ張られて動く)

次に、26日EMAが少し遅れて反応して上向きに進みます。
こうなると、12EMAとの差は開き、MACDの値が大きくなります。

価格の上昇が急であればあるほどこの2本のEMAの差は大きくなり、MACDの値も大きくなるので、MACD線の角度が急であるほど価格の上昇の力が強い(上昇の勢いが強い)と判断できます。

 
MACDの特徴
 

逆に、価格の下落の力が強い場合はMACD線が急な角度で下方向に進みます。

ローソク足に関しては、バイナリーオプションはローソク足だけで勝てる?種類や見方を解説で詳しくまとめているので、是非参考にしてみてください。

売買のポイントの見極め(こちらはどちらかというとFX向け)

FXよりの手法になりますが、MACDをエントリーポイントとして活用する方法もご紹介します。

MACDを使った場合、売買のサインは以下のようになります。

MACDを使う際の売買サイン
  • 買いサイン:MACD線がシグナル線を下から上へクロス(ゴールデンクロス)
  • 売りサイン:MACD線がシグナル線を上から下へクロス(デッドクロス)

特に、次のような条件が揃うと根拠はより強くなります。

  • 買いサイン:0点のラインより上で発生
  • 売りサイン:0点のラインより下で発生

もう一つ、売買サインとしてよく活用されるのが「MACD線と0点のラインとのクロス」で、サインとしては次の通りです。

MACD線と0点のラインクロスの売買サイン
  • 買いサイン:MACD線が0点のラインを下から上へクロス(ゴールデンクロス)
  • 売りサイン:MACD線が0点のラインを上から下へクロス(デッドクラス)

また、MACD線と0点のラインクロスはトレンドの発生だけでなく「継続」も表します。

くどいようですが、もう一度MACDの計算式を思い出してみましょう。

MACD(マックディ線)=12日EMA-26日EMA

この式が何を意味するのかと言うと、MACD線と0点がクロス=12日EMAと26日EMAの差がゼロ=12日EMAと26日EMAがクロスということを意味します。

そして、期間の違う移動平均線がクロスするポイントは「強いトレンドの発生」を示します。

つまり、MACD線と0点のクロスはトレンドの継続を示しており、売買のポイントとして活用できるというわけです。

MACD×ダイバージェンスの攻略手法について

MACDの活用応用編として、ダイバージェンスがありますので解説します。

通常、価格とMACDの動きは連動しています。

つまり、価格が上がればMACDの値も上がり、価格が下がればMACDの値も下がるというわけです。

しかし、例外的に価格が上昇しているにも関わらずMACDの値が下がっているor価格が下落しているにもかかわらずMACDの値が上がっているという状況が起きることがあります。

これを、「ダイバージェンス」と言います。

ダイバージェンスは「逆行現象」とも呼ばれます!

秋田

下のチャートをご覧ください。

MACDの使い方

価格は上昇しているのにMACDは下落(逆行)しており、その後価格も下落しているのが分かりますね。

このように、MACDのダイバージェンスを価格が反発するポイントとし、逆張りをするタイミングに使うことができます。

もちろん、ダイバージェンスは価格が上昇する場合にも使えます。

下のチャートをご覧ください。

価格は下落しているのにMACDは上昇(逆行)し、その後価格も上昇しているのが分かります。

MACDの弱点

MACDはトレンド発生時に有効なインジケーターです。

これは同時に、「レンジ相場には弱い」ことを意味します。

相場に勢いがないレンジ相場では、ゴールデンクロスやデッドクロスのサインが出ても、先ほど説明したような動きを見せないことはよくあります。

MACDを利用する場合は他のインジケーターや普段使っているローソク足よりも上位足でトレンドの強弱を把握するようにしましょう!

秋田

MT4にMACDを導入する方法

最後に、MT4にMACDを導入する方法をご紹介します。

まずはじめに、MT4の画面上部にある「挿入」ボタンをクリックしましょう。

MACDの設定方法

挿入ボタンをクリックしたら、「インディケーター」→「オシレーター」→「MACD」の順にクリックします。

MACDの設定方法

すると、MACDの設定画面が表示されるので、短期EMA・長期EMAにローソク足何本分を計算に用いるかを設定します。

MACDの設定方法

最後に「OK」をクリックすれば完了です。

なお、MT4のインストールや詳しい設定方法については、バイナリーオプションにおけるMT4のインストール手順や使い方でまとめているので、是非参考にしてみてください。

まとめ

バイナリーオプションにおけるMACDの使い方や攻略手法について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

MACDはトレンドの強弱の把握やゴールデンクロス・デッドクロスを用いてのエントリーポイントの見極めに使えます。

他のインジケーターと併用することで、ご自分の手法が今の相場にあっているかも確認できるので、ぜひ活用してみてください!

次のおすすめ記事バイナリーオプションにおけるインジケーターの最強の組み合わせを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です