バイナリーオプションとギャンブルの違いとは?指数をもとに検証!

バイナリーオプションとギャンブル

バイナリーオプションはギャンブルなのか?

この記事では、この疑問を徹底的に深堀りしていきます。

結論から言うと、やり方によってはギャンブルになるかもしれないが、バイナリーオプションそのものはギャンブルではありません。

その理由と、バイナリーオプションをギャンブル化させない方法について詳しく解説します。

バイナリーオプションはギャンブルか?

バイナリーオプションとは、数秒後や数分後のチャートの動きを予想し、現在より「上がるか・下がるか」を予想する取引です。

非常にルールが簡単で、初期投資費用もそんなに必要ないので、参入ハードルは低いでしょう。

ただし、バイナリーオプションもノーリスクではありません。

バイナリーオプションではペイアウト率が設定されていて、予想が当たれば掛け金にペイアウト率を掛けた金額が返還されますが、予想が外れると掛け金が全額没収されます。

参入しやすいがリスクもあるというのがギャンブルと言われる最大の原因ではないかと思います。

ここのところを掘り下げてみましょう。

バイナリーオプションがギャンブル化する仕組み

バイナリーオプションのルールをもう一度確認しましょう。

バイナリーオプションのルールは、為替レートが「上がるか・下がるか」を予想するだけでしたね。

これだけをみると、バイナリーオプションは他のギャンブルとさして変わらない気がします。

ただ、一点大きな違いがあるとすると、ギャンブルは確率の問題であり、胴元の裁量が加えられる偶然性にお金をかけるのに対して、バイナリーオプションは分析の問題であり、チャートや投資家心理という必然性にお金をかけるという点です。

ここを理解していない人がバイナリーオプションはギャンブルだと言っているのでしょうね。

バイナリーオプションとギャンブルの違い

繰り返しますが、バイナリーオプションは為替レートの変動を予測し、「上がるか・下がるか」を選択するだけの単純な投資です。

ですが、バイナリーオプションはギャンブルと違い、ランダムで結果が決まることはありません。

為替の波は、投資家心理の現れですので、分析可能なものなのです。ですから、投資家の心理を読んで分析することで、勝率を上げることができます。

つまり、バイナリーオプションはプレーヤーの技量がものをいうのです。

バイナリーオプションは分析で勝てるがギャンブルは運任せ

バイナリーオプションを投資にしたいなら、次のような要素が重要になります。

  • どこまで上がるか(下がるか)予測する
  • エントリーするタイミング
  • 為替レートのテクニカル分析
  • ファンダメンタル要素の分析

投資家心理を読み、上記のような通貨の成長と衰退・チャートの変動を分析・予測するなら、これは立派な「投資行為」であり、ギャンブルではありません。

まとめると、以下の通り。

ギャンブルとは…偶然性にお金を賭けること

投資とは…分析・予測に基づいて利ザヤを稼ぐこと

この点に照らし合わせて考えると、バイナリーオプションは投資といえます。

今、「おかえりモネ」をやっていますが、バイナリーオプションも気象予報と似ています。

よく当たる気象予報士もいれば、全然当たらない人もいますよね。

お天気は偶然そうなっているのではありません。大気や気流、寒暖などさまざまな要素が絡み合ってお天気を構成しています。

その流れを的確に予想できれば、未来の気象を予測でき、それが実際に当たるようにひとえに分析・予想の問題です。

バイナリーオプションも同じですね。

世界の為替を動かしているような投資家は、少なくとも投資に関しては、気まぐれで動いているのではありません。

さまざな情報と分析により、世界情勢を予測し、資金を投じています。みんな損はしたくありませんから、確実なところをいきたいという心理も働きます。ですから、多くの投資家が従うパターンや法則というものがあります。

そのパターンや法則を見極め、その波に乗るのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは法律的にもギャンブルではない

バイナリーオプションは分析・予想の問題だと言いましたが、それでも金融庁から規制されていたりするので、本当に投資なの?と思ったりする人もいますよね。

ということで、ここでちょっと法律的な観点からもバイナリーオプションがギャンブルかどうか考えてみましょう。

バイナリーオプションはデリバティブ取引!否ギャンブル

法律の観点からもバイナリーオプションとその他のギャンブルは扱いが違います。

実は、バイナリーオプションとそのほかのギャンブルでは、適用される法律も違うんです。

ギャンブルは刑法186条の「賭博罪(とばくざい)」で規制されています。これに違反すると次のような刑事罰(懲役刑)を食らいます。

  • 単純賭博罪:50万円の罰金または科料
  • 常習賭博罪:3年以下の懲役
  • 賭博開帳図利罪:3年以上5年以下の懲役
  • 組織犯罪処罰法:5年以下の懲役

これに対して、バイナリーオプションは金融商品取引法第2条のデリバティブ取引に該当し、国内のバイナリーオプションであれば、日本証券業協会のバイナリーオプション取引に関する規制によりルールが定められています。

つまり、法の観点からみても、バイナリーオプションはれっきとした「金融商品」であり、ギャンブルとは区別されているんですね。

バイナリーオプションのギャンブル性を徹底検証

次に数値からもバイナリーオプションのギャンブル性を見てみましょう。

バイナリーオプションのギャンブル指数

よくあるギャンブル性を比較する指数として、ギャンブル指数(払い戻し率)というものがあります。

計算式はいたって簡単で、次の通りです。

ギャンブル指数=払い戻しの金額÷投資金額

競馬では回収率と呼ばれるものですが、ギャンブル指数50%の商品であれば、1万円投資すると5,000円戻ってくるという計算になります。

計算式からも分かるように、この数値が低ければ低いほどギャンブル性が高くなります。

では、実際に日本の公営ギャンブルのギャンブル指数を見てみましょう。

ギャンブル指数
  • パチンコ:85%
  • オートレース:75%
  • 競艇:75%
  • 競輪:75%
  • 競馬:75%
  • サッカーくじ:50%
  • 宝くじ:50%

ご覧の通り、サッカーくじや宝くじはギャンブル指数が非常に低く、1回の掛け金あたりの損失が大きいことが分かりますね。

これに対して、バイナリーオプションのギャンブル指数はどうでしょうか?

海外バイナリーオプションのペイアウト率は1.8倍~1.95倍程度なので、ギャンブル指数は次のようになります。

バイナリーオプション:約80%~95%

1回あたりの払い戻し率が高く、1回あたりの掛け金に対する損失が少ないことが分かりますね。

つまり、宝くじやサッカーくじに比べて、バイナリーオプションのほうが還元率が高く、ギャンブル性は低いということです。

バイナリーオプションがギャンブル化する本当の理由

これまで見てきた通り、法的にも、数値的にもバイナリーオプションはギャンブルとは言い難い金融商品です。

バイナリーオプションがギャンブルと言われる本当の理由は、ギャンブル的なバイナリーオプションをやっている人のほうが圧倒的に多いことにあります。

ギャンブル的なバイナリーオプションをする人というのは珍しい人種ではなく、むしろ普通の人たちです。

どういう人たちが見てみましょう。

「バイナリーオプションで勝つと嬉しい」はすでにギャンブル的

バイナリーオプションに限らず、勝負事で勝ち負けにこだわる人は、投資には向いていないと思います。

具体的に言うと、こういう人たちです。

  • 相場を分析せず、運任せで取引している。
  • 勝てば射幸心をあおられ、負けるとムキになる。
  • 感情的に取引を行っている。
  • 資金の計画がなく、運が良ければ勝てると信じている。

要は感情に身を任せている人は投資には向かないということです。運というのは確かにありますけどね、「それありき」じゃダメなんです。

こういう人は、バイナリーオプションにおいても長期的に利益を得ることはできないでしょう。

人間として自然なことですが、バイナリーオプションで利益を上げたいなら、こういった感情を捨て、相場の変動を予測して、タイミングを見極める冷静さが絶対に必要です。

これができなければ、バイナリーオプションもギャンブルになります。

バイナリーオプションをギャンブル化させない方法

ギャンブル化しやすい人というのはいわゆる普通の人ですから、先ほどあげた共通点に当てはまるという人も多いでしょう。

だからこそ、正しいやり方を知る必要があります。

その方法とはずばり…為替レートの変動を総合的に予測・分析することです。

ということで、最後は確度の高い相場分析の方法について解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

MT4を利用したテクニカル分析

MT4というのは、スイスのMetaQuotes社が開発した、為替チャートの分析ソフトです。

だれでも無料で利用することができ、プロの投資家も愛用しています。

MT4には高機能なチャート分析機能が搭載されていて、MT4を使って為替レートの変動を予測・分析することで優位に取引を進めることができます。

MT4はスマホアプリでも利用できますが、本気でバイナリーオプションをやりたいなら、画面が大きくて見やすいパソコン環境を整えましょう。

バイナリーオプションは株式投資や金投資などと違い、短い時間の細かい為替の動きを対象にした投資なので、投資環境の整備には念を入れておいたほうがいいですよ。

関連記事バイナリーオプションにおけるMT4のインストール手順や使い方を解説

時間帯によるチャートパターン分析

環境を整えたら、実際にチャートを見てみましょう。

為替レートは何の知識もないまま眺めるとランダムな動きをしているように見えますが、時間帯ごと、通貨ペアの種類ごとに一定のチャートパターンがあります。

為替レートの変動は投資家心理の集合体の現れです。ですから、例えば、「意識されている抵抗ラインを反発した後には、ダマシのブレイクが入りやすい」といったパターンがあります。

そういったパターンをできるだけ多く頭に入れておきましょう。そういう意味では投資も暗記力がモノを言います。

関連記事バイナリーオプションで勝てる時間帯と負ける時間帯教えます!

投資に対するリターン管理

バイナリーオプションで勝率80%といえば、かなり良い数値です。根拠の提示もなく、このような数値が提示されていたら、嘘だと思ってもいいでしょう。

しかし、もっと気を付けることがあります。

それは、リターンに対する危機意識です。

例えば、ペイアウト率1.88倍、4勝1敗の勝率80%の場合、リターン管理を怠ると次のようなことが起こり得ます。

取引回数 掛け金 取引結果 総利益額
1回目 1万円 勝ち 8,800円
2回目 1万円 勝ち 17,600円
3回目 1万円 勝ち 26,400円
4回目 1万円 勝ち 35,200円
5回目 4万円 負け -4,800円

リスクを考えず5回目にさらに利益を伸ばそうとして、下手に掛け金を引き上げるとこうなります。最終的な総利益額は-4,800円。悲惨ですね。

4回目まで4連勝して総利益額は35,200円だっただけに、先ほどのギャンブル化しやすい人なら、負けを取り戻そうとしてさらに損失を膨らましかねません。

このように、勝率も大切ですが、リターンがどうなるかを考えて、リスク管理することもバイナリーオプションで長期的に利益を上げるためには大切です。

関連記事バイナリーオプションの資金管理術を解説!”複利”が鍵になる?

重要経済指標などのファンダメンタル分析

経済指標とは、各国の政府が発表する経済状況を数値化した指標のことです。

重要経済指標時は値動きが乱高下するので、バイナリーオプション初心者は取引を控えたほうがいいですが、それでも、「重要経済指標が発表されると、為替レートは急激に大きく変動する」ということは覚えておきましょう。

重要経済指標には次のような分類があります。

重要経済指標
  • 金利に関する指標(政策金利)
  • 景気に関する指標(GDP,景況感調査,消費動向)
  • 雇用に関する指標(雇用統計)
  • 物価に関する指標(物価上昇率)
  • 貿易に関する指標(貿易赤字)

関連記事バイナリーオプションでは経済指標は避けるべき?着目すべき指標5選

まとめ

バイナリーオプションは20年ほど歴史がある金融商品で法的にも、指数的にもギャンブルではありません。

ただ、リスクがあるにもかかわらず、参入しやすいという特徴があるために、ギャンブル感覚で取引をしてしまう人が多いです。

ギャンブル的な取引とは感情的な取引ということです。バイナリーオプション、特に海外バイナリーオプションは取引時間も取引ができる間隔も短いですから、クールダウンができないまま何回も取引してしまい多くの人が損失を膨らませてしまいます。

感情というのは誰しもが持っているものなので、それだけ負ける人も多いわけです。

バイナリーオプションをギャンブル化させないためには、相場の分析・予測の徹底は必須です。

関連記事バイナリーオプションにおけるテクニカル分析手法を徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です