バイナリーオプションのフィボナッチを利用した攻略手法を解説

フィボナッチを使ったバイナリーオプション取引を解説

「フィボナッチを利用した手法で勝ちたい!」
「そもそもフィボナッチってなに?」

この記事では、こういったお悩み解決します。

バイナリーオプションには、『フィボナッチエクスバンジョン』という特徴を使った攻略法があります。

今回は、このフィボナッチを使った攻略法の考え方を解説します。

フィボナッチ数列とは

フィボナッチエクスバンジョンについて解説する前に、大元となるフィボナッチ数列について解説しておきます。

フィボナッチ数列とは

数学者のフィボナッチが導き出した数列で、「1」から始まり、並んでいる2つの数字を足した数が続いていきます。

例)「1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233…」

次のように計算していきます。

1 + 1 = 2→1 + 2 = 3→2 + 3 = 5→3 + 5 = 8→5 + 8 = 13…

この数列からフィボナッチ比率が導き出されます。詳しい計算方法は割愛しますが、数字だけ並べると次の通りです。

「0.236, 0.382, 0.618, 1.618, 2.618, 4.236」

この比率を「フィボナッチ比率」、別名「黄金比率」と呼び、この比率に従っているものを人は美しいと感じます。

実際、自然界にはこの比率で成り立っているものが結構あります。

ひまわりの種の配列やトランプ、ピラミッドなどはフィボナッチ比率が使われています!

秋田

さて、人がなぜフィボナッチ比率を美しいと感じるかというと、ある種の安定性を感じるからなのですが、この心理は、「為替相場の投資家の無意識にも影響している」と考えるのが、フィボナッチを使った手法のベースにはあります。

フィボナッチトレースメントの使い方

バイナリ―オプションでフィボナッチを応用した手法をフィボナッチトレースメントと言いますが、フィボナッチエクスバンジョンはこのフィボナッチトレースメントを拡張したものなので、まずは、フィボナッチトレースメントを使った取引の仕方を見ていきましょう。

フィボナッチでサポートライン・レジスタンスラインを探す

フィボナッチトレースメントでは、フィボナッチ比率を有効なサポートラインとレジスタンスラインを探すのに使います。

上値と高値を基準として、フィボナッチ数列により導き出された比率である「0.236、0.382、0.618、1.618」の値の位置で価格が反発するだろうと予測してラインを引きます。

以下はドル円の5分足のチャートにフィボナッチトレースメントを利用して引いたラインを重ねたものです。

フィボナッチトレースメント

ご覧の通り、左上で高値を付けた後に、下落トレンドに入り、安値を付け、再び価格が上昇しています。

このチャートのように高値と安値が確定し、価格が上昇した際にどの位置で反発するのかをフィボナッチラインで予想します。

左の高値の位置を「1」、安値の位置を「0」として、フィボナッチライン(0.236、0.382、0.618)を引きます。それともう一つ、「0.5」というラインも引いておきましょう。

上のチャートでも分かるように、それぞれのライン付近で反発していますね。

フィボナッチラインを引いた場合、次のような特徴があります。

特徴
  • 強いトレンドの場合:0.382前後まで戻る
  • 弱いトレンドの場合:0.5前後または0.618前後まで戻る

そして、0.618の価格を越えるとそのまま元の高値である「1」の価格まで戻ってくると考えるのが一般的です。

フィボナッチエクスパンションの活用方法

フィボナッチエクスパンションはフィボナッチ比率の延長を使い、フィボナッチトレースメントに対して用いることが可能です。

エクスパンションとは「拡張」という意味で、外に向かってトレースメントを広げることを意味します。

一般的にはフィボナッチトレースメントに対して用いられているので、単純にフィボナッチエクスパンションと記載されていた場合にはトレースメントの拡張と考えていいでしょう。

フィボナッチトレースメントでは最高値と最安値を分割するように23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%のラインを引くんでしたね。

しかし、上昇トレンドが起こっているときには次の最高値は100%以上のところになってしまいます。

その反発点を予測するために黄金比である161.8%のラインを引くという発想で生まれたのがフィボナッチエクスパンションです。

ここでは、MT4を使って、フィボナッチエクスパンションを引く方法を説明します。

手順は以下の通りです。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

フィボナッチエクスパンションを選択する

MT4でのフィボナッチエクスパンションの選択方法は以下の通りです。

上部メニューをクリックして、挿入→フィボナッチ→エクスパンションを選択します。

次に、MT4フィボナッチエクスパンションのラインを引いていきます。

フィボナッチエクスバンジョンのラインを引く

フィボナッチエクスパンションを選択したら、起点となる安値から高値まで、クリックしたままドラッグ&ドロップでマウスを移動させます。

すると、フィボナッチエクスパンションが表示されます。

押し目(戻り目)を調整する

次に終点の押し目(戻り目)を調整します。

まずは既に引かれているフィボナッチエクスパンションをダブルクリックします。

すると、フィボナッチエクスパンションが選択され、3点にポイントが表示されます。

次に、一番右側の調整されていない3点目のポイントを選択して、ドラッグしたまま押し目(戻り目)へ移動させます。

すると、正確なフィボナッチエクスパンションが表示されます。

フィボナッチエクスパンションを使った攻略手法

次にフィボナッチエクスパンションの基本的な攻略法についてご紹介します。

ちなみに、フィボナッチエクスバンジョンの数値設定は、MT4のデフォルト状態のもので大丈夫です。

念の為に設定数値を載せておきます!

秋田

設定数値
  • 61.8%
  • 100%
  • 161.8%

61.8%、100%、161.8%は、黄金比率でもあるので、世界中のトレーダーが意識しているポイントです。

フィボナッチエクスパンションは、上昇や下降などのトレンドがはっきりしており、高値と安値がはっきりしている相場状態で特に有効です。

では、フィボナッチエクスバンジョンを用いたエントリー方法を見ていきましょう。

バイナリーオプションの場合、上記のようなトレンド相場を見つけたら、あとは簡単です。

61.8%の押し目買い(戻り売り)でエントリーするだけです。

先ほどの手順で、フィボナッチトレースメントの61.8%に達した時点でエントリーをします。

フィボナッチエクスバンジョン攻略手法の応用編

これまでのお話しで、61.8%のラインを見極めることが大切ということがご理解いただけたかと思います。

そこで、最後にこの61.8%の押し目買い(戻り売り)の見極めをより確実にする方法をご紹介します。

別のスイングのフィボナッチエクスパンションと重ね合わせてみる

フィボナッチエクスパンションが重複するラインは、非常に強い抵抗帯になります。

フィボナッチエクスパンションの重複とは、それぞれ異なったスイングから引いたフィボナッチエクスパンションのレベルが重なることです。

下のチャートをご覧ください。

フィボナッチエクスパンション

赤色のエクスパンションは、上位足の高値と安値から引いたフィボナッチエクスパンションです。

そして、青色のフィボナッチエクスパンションは、現在見ている基準足のフィボナッチエクスパンションになります。

お互いのフィボナッチレベル61.8%が非常に近い位置で重複しているのが分かりますね。

これは、それぞれの時間足を見ているトレーダーが、同時にフィボナッチエクスパンション意識していることで起こる現象で、強烈な抵抗帯になります。

実際、このラインに触れた後、プライスは跳ね上げられています。

まとめ

フィボナッチを活用したバイナリーオプションの手法について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

フィボナッチエクスバンジョンは非常に分かりやすいエントリーポイントですが、単体で見ていると、本当に反発するのか見極めが難しいです。

ここでは、フィボナッチエクスバンジョンの重複をご紹介しましたが、他にもRSIなどで、買われすぎ(売られすぎ)を見るといった他のインジケーターも同時に活用して、エントリーの根拠を増していきましょう。

ちなみに、バイナリーオプション業者が提供するデモ口座なら、今回ご紹介したような手法を無料でお試しすることができるのおすすめです。

手法を試すならまずは「デモ」で行いましょう!

秋田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です