比較して分かった人気No.1業者で無料取引体験しませんか?

バイナリーオプションを攻略する鉄板手法3選|やってはいけない手法も紹介

バイナリーオプションの攻略手法

この記事で分かること
  • バイナリーオプションを攻略するための基礎知識
  • バイナリーオプションの鉄板攻略手法
  • バイナリーオプションでやってはいけない手法
こんにちは!サイト管理人の秋田(@hidenori_akita)です!

秋田

バイナリーオプションは、為替の値動きを2択予想するとてもシンプルな投資で、誰でも簡単に始めることができます。

そのため、投資初心者を中心に人気を集めています。

ただ、シンプルが故に勘で取引しています人も多いですが、あくまで「投資」ですので勝ちやすい「攻略手法」を身につける必要があります

そこでこの記事では、バイナリーオプションを攻略するためのおすすめ手法を分かりやすく解説します。

バイナリーオプションを攻略するための基礎知識

バイナリーオプション攻略の基礎知識

「早速手法を解説!」といきたいところですが、まずはバイナリーオプションの手法を解説するうえで知っておいてほしい基礎知識についてお話します。

それぞれ詳しく解説します!

秋田

ローソク足を覚える

ローソク足とは

為替の値動きをローソクの形で視覚化したもので、「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの値から構成されています。

バイナリーオプションでは、チャートツールを使って為替の値動きを分析するのですが、そのチャートツールはローソク足で構成されています。

そのため、バイナリーオプションにおいてローソク足は必須の知識なのです。

ローソク足の説明

上図はMT4というチャートツールです。ローソク足1つ1つに意味があり、これらを分析することで為替の値動きを予測するのです。

田中

ローソク足が分からないと分析のしようがないんだね!
そういうことです!

秋田

ローソク足については、バイナリーオプションはローソク足だけで勝てる?種類や見方を解説でより詳しい情報をまとめているので、是非こちらも参考にしてみてください。

順張りと逆張りを覚える

バイナリーオプションの手法は、大きく分けると「順張り」と「逆張り」の2種類があります。

順張りとは

トレンドの流れに逆らわずにエントリーすることです。
例:上昇トレンドが発生していたからHighエントリー

逆張りとは

トレンドの流れと反対方向にエントリーすることです。
例:上昇トレンドが発生していたが相場が反転することを見越してLowエントリー

バイナリーオプションには様々な手法がありますが、順張りと逆張りは全ての手法の基本となります。

順張りと逆張りを理解せずに他の手法に手を出すなんてことのないようにしましょう!

秋田

といっても、

・強いトレンドが発生しているから流れに沿って順張りしよう!
・トレンドの終わりが見えてそろそろ相場が反発しそうだから逆張りしよう!

くらいの認識で全然OKです。

損益分岐勝率を把握する

手法とは直接的には関係ありませんが、損益分岐勝率は投資をする上でとても重要な要素の1つです。

損益分岐勝率とは

利益になるかor損失になるかのちょうど境目の勝率のことで、「損益分岐点」とも呼ばれます。
例えば、損益分岐勝率が50%なら勝率50%以上で利益に、それ以下なら損失となります。

バイナリーオプション取引は二択予想なので損益分岐勝率は50%だと思われがちですが、実はそうではありません。

これは損益分岐勝率を求める計算式を見れば、なんとなく理解できると思います。

損益分岐勝率=1÷ペイアウト率×100

例えば、ペイアウト率が2.0倍だった場合、次のようになります。

損益分岐勝率=1÷2.0×100=50%

つまり、損益分岐勝率が50%になるのはペイアウト率が2倍以上の場合ということです。

田中

なんの問題もなさそうだけど!
実は、ペイアウト率を2倍以上に設定しているバイナリーオプション業者はほとんどありません!

秋田

田中

そうなの!?
あったとしても難易度の高いスプレッド取引のペイアウト率であるケースがほとんどです!

秋田

そのため、普通の業者では勝率50%では利益にならず、大体55%くらいの勝率が必要になります。

この5%の勝率を上げるために様々な手法が存在すると言っても過言ではありません。

なお、勝率を上げる具体策については、バイナリーオプションの勝率を60%・70%に引き上げる方法で詳しく解説しています。

バイナリーオプションの鉄板攻略手法3選

バイナリーオプションの鉄板手法3選

それでは、バイナリーオプションの鉄板攻略手法をご紹介します。

それぞれ詳しく解説します!

秋田

攻略手法①ラインブレイクを狙った逆張り

この手法では、「レジスタンスライン」と「サポートライン」の2つが鍵になります。

レジスタンスラインとは

ローソク足の高値を水平に結んだラインのことです。

サポートラインとは

ローソク足の安値を水平に結んだラインのことです。

基本的には、レジスタンスラインもサポートラインも「これ以上は上昇しないor下落しない」というトレーダーたちの思惑が反映されるため、ラインを超えると相場が反転する傾向にあります

そのため、ラインを超えた(ブレイクした)タイミングで逆張りするのが良いでしょう。

ライントレード手法

豆知識

ラインを引くときはローソク足のヒゲではなく実体に引くとキレイに引けます。

この手法の流れを簡単にまとめると以下のとおりです。

手法1まとめ
  • STEP1.サポートラインとレジスタンスラインを引く
  • STEP2.どちらかのラインをブレイクしたら逆張りエントリー

田中

とても簡単だね!
この手法なら初心者でも活用できるでしょう!

秋田

攻略手法②移動平均線とボリンジャーバンドで逆張り

移動平均線は聞き馴染みがあってもボリンジャーバンドは知らない方もいるのではないでしょうか?

ボリンジャーバンドとは

移動平均線にσ(シグマ)と呼ばれる値動きの「幅」を予測する線が入ったインジケーターのことです。

ボリンジャーバンドは、中心の移動平均線とその上下に+の1~3σの3本と-の1~3σの3本の計7本のラインで構成されています。

そして、±1~3σ(シグマ)の間にローソク足が収まる確率が決められており、その確率は以下のとおりです。

  • ±1σ:68.3%
  • ±2σ:95.5%
  • ±3σ:99.7%
この性質を利用するのです!

秋田

ボリンジャーバンドで逆張り

ローソク足が+3σに触れたら相場が下落すると予想しLowエントリー、ローソク足が-3σに触れたら相場が上昇すると予想しHighエントリーします。

なぜなら、約99%の確率でその範囲内にローソク足が収まるにも関わらず、ローソク足が±3σに触れる(=収まらない)ということは相場が反発する可能性が非常に高いということです。

攻略手法③RSIの逆張りにMACD追加で精度を上げる

RSIとは

一定期間中の値動きを上昇と下降に分けて、上昇分が全体の何%になるかというのを示すインジケーターです。

もっとざっくり言うと、売れれ過ぎor買われ過ぎを数値化したインジケーターです。

関連記事RSIを利用したバイナリーオプションの攻略手法

下図をご覧ください。

RSI

RSIは0%~100%の間で表示され、100%のラインに近づけば近づくほど「買われ過ぎ」、0%のラインに近づけば近づくほど「売られ過ぎ」と判断できます。

実際に利用する場合は、70%のラインを超えたら「買われ過ぎているから反転して元に戻るだろう」、30%のラインを超えたら「売られ過ぎているから反転して元に戻るだろう」と判断して、それぞれのラインを超えたタイミングで逆張りします。

これだけでもエントリーの根拠としては上々なのですが、ここでご紹介する手法ではさらに「MACD」を追加します。

MACDとは

トレンド系とオシレーター系の両方の特性を持つ移動平均線を改良して考案されたテクニカル指標です。

MACDは、RSIと同様に「買われ過ぎor売られ過ぎ」を判断できる上に「トレンドの強さ」も見ることができます。

下図をご覧ください。

MACD

MACDは「MACD線」と言われる棒グラフと「シグナル」と言われる破線で構成されており、この2つの指標からトレンドの強さが分かります。

具体的に言うと、「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」を狙います。

ゴールデンクロスとは

MACD線(棒グラフ)がシグナル線(破線)を下から上に突き抜ける現象のことです。この場合は上昇トレンドが強いことを表します。

デッドクロスとは

MACD線(棒グラフ)がシグナル線(破線)を上から下に突き抜ける現象のことです。この場合は下降トレンドが強いことを表します。

要するに、RSIで相場の反発を予想してMACDで根拠を増して逆張りエントリーするというのがこの手法の流れになります。

RSIとMACDで逆張り

関連記事バイナリーオプションにおけるMACDの有効的な活用方法を解説

田中

どの手法も根拠があって勝てそうな気がするよ!
それならまずは無料で使えるデモ口座で試してみるといいよ!

秋田

\鉄板手法を試してみよう!/

バイナリーオプションでおすすめしない手法

おすすめしないバイナリーオプション手法

続いては逆に、バイナリーオプションにおいておすすめできない手法をご紹介します。

おすすめしない手法
それぞれ詳しく解説します!

秋田

マーチンゲール

マーチンゲールとは

負けるたびに掛け金を倍々に増やしていく手法のことです。

1回でも取引に勝てればそれまでの損失を全てチャラにすることができます。

田中

とても魅力的な手法に思えるけど…!
そんなに単純な話ではありません!

秋田

負け続ければ損失は膨大に膨れ上がり、やがて資産が底をついてバイナリーオプション市場から強制退場…というケースも十分考えられます。

よほどの資金体力がない限りは利用できない手法です。

また、そもそもマーチンゲールは多くのバイナリーオプション業者で禁止されています。

例えば、トレーダーからの人気が高いハイローオーストラリアやザオプションなど。

田中

もし業者側にバレたらどうなるの?
バレたら口座を凍結されます!

秋田

大損失や口座凍結のリスクを背負ってまで利用する価値のある手法ではないので、バイナリーオプション取引においてはおすすめしません。

それではもマーチンゲールが気になる方は、バイナリーオプションのマーチンゲール法を解説!禁止されてるって本当?で詳しい情報をまとめているので、参考にしてみてください。

スキャルピング

スキャルピングとは

1日に数十~数百回の取引を繰り返す取引方法です。別名「連打法」ともいいます。

バイナリーオプションは、30秒や1分といった超短期取引があるため可能な手法と言えます。

エントリーチャンスがたくさんあるというメリットはあるものの、バイナリーオプションは日に何度も取引するのはおすすめしません。

というのも、勝てるトレーダーたちはしっかり相場分析をして「ここぞ!」というタイミングでエントリーし、少ないチャンスを掴むからです。

考えなしにエントリーしていては分析の精度も上がりませんからね!

秋田

田中

たしかに、勘でエントリーする癖がつきそうだね…

また、マーギンゲールと同様にスキャルピングは口座凍結のリスクがあります。

というのも、日に何度もエントリーを繰り返すとサーバーに負担がかかり約定力の低下にも繋がりかねません

これは業者側からすると迷惑な話ですので、スキャルピングばかりしているトレーダーには何かしらの対策をすると考えられます。

その対策の一つとして口座凍結も十分ありえるでしょう。

関連記事バイナリーオプションにおけるスキャルピング手法を徹底解説

テクニカル分析を学んで自分の力で勝てるようになりましょう!

秋田

関連記事バイナリーオプションにおけるテクニカル分析の方法解説

まとめ

バイナリーオプションの攻略手法について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

冒頭でも言ったとおり、バイナリーオプションはあくまで「投資」ですので、無策で挑んでもなかなか勝てるようにはなりません。

そのため、バイナリーオプション取引の有効な攻略手法を学び、実践しましょう。

ぜひ当記事でご紹介した鉄板手法を試してみてください!

秋田

なお、手法を試すならまずは無料で利用できるデモ口座で練習しましょう。

\無料で取引練習ができる!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です