bi-winning(ビーウィニング)の評判口コミ!出金できないの真相とは?

bi-winning(ビーウィニング)の評判口コミまとめ

こんにちは!サイト管理人の秋田(@hidenori_akita)です!

秋田

この記事では、海外業者「bi-winning(ビーウィニング)」についてご紹介します。

この記事で分かること
  • bi-winning(ビーウィニング)の業者概要
  • bi-winning(ビーウィニング)を利用するメリット・デメリット
  • bi-winning(ビーウィニング)の評判・口コミ

bi-winning(ビーウィニング)は2021年4月に誕生した新しいバイナリーオプションサービスで、フィリピンに運営地がある海外業者です。

まだまだ情報も少ないですが、今現時点での評価・評判をご紹介していきます。

【注目情報】

当サイトでは、bi-winning(ビーウィニング)を含む全バイナリーオプション業者を人気順にランク付けしています。気になる方は、「バイナリーオプションのおすすめ業者を徹底比較」を参考にしてみてください。

bi-winning(ビーウィニング)の業者概要

運営会社 KALI-KONEK CORPORATION
所在地 BLK 69 LOT 42 BEGONIA STREET.RIZAL CITY OF MAKATI FOURTH DISTRICT.PHILIPPINES
設立日 2021年4月15日
最低入金額 5,000円
最低取引額 500円
最高取引額 200,000円
取引銘柄 ・通貨ペア:23種類
・株式:34種類
・コモディティ:4種類
・指数:6種類
・仮想通貨:21種類
取引方法 ショート/ロング
ペイアウト率 ・短期(1~5分):1.87~1.88倍
・長期(10~1時間):1.82~1.84倍

 

bi-winning(ビーウィニング)の特徴

bi-winning(ビーウィニング)は、ハイローオーストラリアにも劣らない取り扱い銘柄の豊富さで注目を集めています。

また、2分半取引など他の業者ではあまり見かけない判定時間があるのも特徴です。

bi-winning(ビーウィニング)の特徴について簡単にまとめてみました!

秋田

特徴まとめ
  • 最低ペイアウト倍率が比較的高い
  • 同値負けがない
  • 土日も取引できる
  • 最低500円から取引できる
  • インジケーターが標準搭載
  • 入金ボーナスがある
  • 入金方法は銀行振込・仮想通貨の2種類
  • 短期取引中心である
  • 業者が若い

人気業者のハイローの特徴をうまく借用している印象を受けますが、2分半取引などbi-winning(ビーウィニング)独自の特徴も見られました。

関連記事ハイローオーストラリアの評判・口コミを徹底調査!

bi-winning(ビーウィニング)のメリット

先程ご紹介したbi-winning(ビーウィニング)の特徴について、にメリット・デメリットに分けてさらに詳しく解説していきます。

まずは、メリットからご紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

最低ペイアウト倍率が比較的高い

バイナリーオプションで利益を出すためにはペイアウト率が重要ですが、中でも最低ペイアウト率が高いと利益が出しやすいというのが個人的な実感です。

MEMO

基本的に、難易度の低い取引オプションはペイアウト率が低く、難易度の高い取引オプションはペイアウト率が高い傾向にあります。

その観点から見ると、bi-winning(ビーウィニング)の最低ペイアウト率は高いので、そこは魅力の1つだと言えます。

参考までに他者と比較してみました。

bi-winning
(ビーウィニング)
ファイブスターマーケッツ ハイローオーストラリア
USD/JPY 1.88 1.73 1.95
EUR/JPY 1.88 1.73 1.90
GBP/JPY 1.88 1.73 1.90
EUR/USD 1.88 1.73 1.90
BTC/USD 1.86 1.73 1.85
ETH/USD 1.82 1.70 1.85
LTC/USD 1.75 1.73
1.85 1.73
1.85 1.73
bi-winning(ビーウィニング)のペイアウト倍率は大手の二社にも引けを取らないことが分かりますね!

秋田

取引銘柄・判定時間・スプレッドの有無・ペイアウト率は、業者・取引方法によって異なりますので、他に興味のある業者があるなら比較してみてくださいね。

関連記事バイナリーオプション業者のペイアウト率を徹底比較してみた!

同値負けがない

多くのバイナリーオプション業者の場合、同値は負け判定となります。あのハイローオーストラリアでも同値では資金が没収されます。

しかし、bi-winning(ビーウィニング)は、引き分け(同値)で取引が終了しても、賭け金が払い戻されます

値動きが小さいと引き分け(同値)で取引が終わることもありますので、レンジ相場などではbi-winning(ビーウィニング)は有利かもしれません。

仮想通貨も豊富に取り扱っている

バイナリーオプション業者で仮想通貨も豊富に取り扱っている業者はまだまだ少ないのですが、bi-winning(ビーウィニング)では21種類もの仮想通貨を取り扱っています。

bi-winning(ビーウィニング)が取り扱っている仮想通貨を一部ご紹介すると次の通りです。

取扱仮想通貨例
  • ビットコイン
  • Ripple
  • Litecoin
  • EOS
  • Cardeno
  • イーサリアム

バイナリーオプションは為替を投資対象としているため、休場している土日は取引ができません。

しかし、bi-winning(ビーウィニング)は、仮想通貨も多数取り扱っているので土日でも取引可能です。

また、仮想通貨のデメリットでボラティリティが大きいことがあげられますが、バイナリーオプションは損失を限定できるのでデメリットがデメリットになりません。

そういった意味でも『仮想通貨を数多く取り扱っている』という点は、他の業者にはない魅力と言えるでしょう。

単純に「土日しか時間が取れない…」という方にもありがたいですね!

秋田

低予算から取引できる

bi-winning(ビーウィニング)は、最低掛け金が低いのも魅力です。bi-winning(ビーウィニング)では、500円から取引を行うことができます。

他の業者と簡単に比較してみました。

最低取引額比較
  • bi-winning(ビーウィニング):500円
  • ゼントレーダー:500円
  • ザ・バイナリー:100円
  • ハイローオーストラリア:1,000円
  • ザオプション:1,000円

ザ・バイナリーの100円というのは圧倒的ですが、この業者は出金拒否等の黒い噂が耐えないのであまりおすすめはしません…。

関連記事ザ・バイナリーの評判・口コミや口座開設方法をご紹介

ちなみに、bi-winning(ビーウィニング)の最高取引額は200,000円ですので大口取引を行いたい人にも対応しています!

秋田

プラットフォームだけで取引を簡潔できる

バイナリーオプション業者のプラットフォームは非常にシンプルで、それだけでは取引できないものがほとんどです。

しかし、bi-winning(ビーウィニング)には、エントリー画面にローソク足などが表示できるだけでなく、チャート画面にインジケーターも挿入できます。

つまり、bi-winning(ビーウィニング)のチャートのみで、取引を完結させることができるのです。

10~20%入金ボーナスが貰える

海外バイナリーオプション業者は豊富なボーナスを提供していることでも有名ですが、bi-winning(ビーウィニング)にもボーナスがあります。

bi-winning(ビーウィニング)では、口座開設+初回入金で入金額の10%のキャッシュバックを受け取ることができます。

具体的には次のような感じです。

ボーナス内容
  • 5,000円入金⇨500円のボーナス
  • 10,000円入金⇨1,000円のボーナス
  • 50,000円入金⇨5,000円のボーナス
  • 100,000円入金⇨10,000円のボーナス
  • 200,000円入金⇨20,000円のボーナス

なお、bi-winning(ビーウィニング)で受け取ったキャッシュバックは、取引で優先的に使用されます

キャッシュバックから消化されてキャッシュバックが無くなったら自己資金が消化されていく感じです。

また、キャッシュバックを利用して取引を行い利益を出した場合、出金条件を満たせばその利益はきちんと出金することができます。

田中

利益を出金できるのは当然なのでは…?
中には色々な理由をつけて出金させてくれないグレーな業者もあります!

秋田

気になる出金条件ですが、ボーナス額×90倍の取引です。

「90倍!?」と思った人もいるかもしれませんが、仮に5,000円入金した場合はボーナス額は500円なので、45,000円の取引で出金できることになります。

本気で取引するならこれくらいの額は簡単にいきますので、理不尽な条件ではありません。

ただ、予算に余裕がない人は入金額を押さえて出金条件のハードルを下げておいたほうが良いでしょう。

関連記事バイナリーオプション業者のキャッシュバックボーナスを徹底比較!

bi-winning(ビーウィニング)のデメリット

続いては、デメリットも見てみましょう。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

入金方法が2種類しかない

bi-winning(ビーウィニング)の入金方法は、銀行振込と仮想通貨の2種類のみです。

bi-winning(ビーウィニング)の入金方法の概要をまとめると次の通りです。

最低入金額 反映時間
銀行振込 5,000円 1~2時間程度(※)
仮想通貨 0.01BTC 即反映

(※)銀行営業日の12:00までに入金した場合同日反映、12時以降に入金した場合翌銀行営業日に反映。

他のバイナリーオプション業者では、24時間365日即反映されるクレジットカード入金を用意しているところもあるので、bi-winning(ビーウィニング)の入金方法の少なさに不便さを感じる人はいるかもしれません。

長期取引がない

bi-winning(ビーウィニング)は、短期取引に特化しているところがあり、長期取引がないのも不便に感じる人もいるかもしれません。。

bi-winning(ビーウィニング)と人気業者のハイローオーストラリアの判定時間を比較すると以下の通りです。

bi-winning(ビーウィニング) ハイローオーストラリア
1分/2分/3分/4分/5分 30秒/1分/3分/5分/15分/1時間/1日

選べる判定時間が少ないと、それだけ取引の幅が狭まります。

ただ、仮想通貨を豊富に取り扱っている点などを考えると、仮想通貨バイナリーオプションをする人をターゲットにしているとも考えられます。

そういう意味では、従来の通貨ペアによるバイナリーオプションをしたい人には、向かない業者かもしれません。

運営歴が短く信頼性がいまいち

bi-winning(ビーウィニング)は、2021年4月に設立されたばかりのバイナリーオプション業者ですので、利用者もまだ少なく情報量も少ないです。

そのため、安全性についてはいまいち確約されていない面があります。

実際、金融ライセンスの有無なども明らかになっておらず、資金の管理方法についても明示されていません

口コミでは「約定拒否がよく起こる」という噂もあります!

秋田

万が一、業者が破錠したり出金拒否や口座凍結が行われた際は、資金が戻ってくるという期待はしないほうがいいかもしれません…。

bi-winning(ビーウィニング)の口コミ

bi-winning(ビーウィニング)の口コミ評判をいくつか見てみましょう。

https://twitter.com/BOM28503951/status/1413161871201366017

口コミでもやはり、同値判定払い戻しは評判がいいですね。
ハイローオーストラリアが途中で同値判定を負けと改定しただけに際立つのかもしれませんね。

ただし、約定拒否されるという口コミもありました。

約定拒否とは

約定しようとしたのに業者によって拒否されてしまう現象です。

約定拒否は、エントリーが集中しているときやレートの変動が激しい時におきますが、業者側の処理が間に合わなくて起こることが多いので、システム上の問題とも言えますね。

bi-winning(ビーウィニング)は開業したばかりなので、エントリーが集中するというよりも、システム的なことが問題かもしれませんね…。

今後改善が期待されるでしょう!

秋田

bi-winning(ビーウィニング)は出金できないの真相

バイナリーオプション業者を決める際に気になるポイントに、出金拒否されないか?というのもありますよね。

今のところ、出金拒否されたという口コミは見かけませんが、一応、bi-winning(ビーウィニング)の出金方法を最後に確認しておきましょう。

出金依頼の手順

マイページへログイン後、「ご出金」をクリックします。

bi-winning(ビーウィニング)の出金手順

すると、金額と出金先の銀行口座の入力画面になるので、金額・送金希望の銀行口座情報を入力して「送信ボタン」をクリックします。

bi-winning(ビーウィニング)の出金手順

送信ボタンを押したら出金申請は完了です。

ちなみに、最低出金額は1万円です。出金する際は1万円以上の金額を指定しましょう。

なお、取引総額がボーナス額の90倍未満の場合での出金は受け取ったボーナスは消滅します。

ボーナスを受け取りたい場合は規定数の取引金額まで貯めておきましょう!

秋田

bi-winning(ビーウィニング)の着金までのスケジュールは以下の通りです。

出金スケジュール
  • 当日の日本時間正午までに申請した場合→銀行翌営業日に着金
  • 日本時間正午以降に出金申請した場合→翌日審査、翌々日着金

まとめ

海外業者のbi-winning(ビーウィニング)についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

bi-winning(ビーウィニング)独自のサービスを提供しており魅力的ではあるものの、業者の信頼性においては不安の残るところです。

また、新しい業者であまり情報もないので、これから利用者が増えてきて口コミも増えるてきたらその口コミを参考に利用するかどうか決めるとよいと思います。

bi-winningの”真の評価”が分かるまでは人気No.1のハイローで取引するのがおすすめです!

秋田

日本人人気No.1「ハイローオーストラリア」
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの分析データ
取扱銘柄 34種類
ペイアウト率 最大2.30倍
最低入金額 5,000円
最低取引額 1,000円
最低出金額 10,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です