ハイローオーストラリアのおすすめ通貨ペアはこの3つ!

ハイローオーストラリア通貨ペア

ハイローオーストラリアを攻略するのであれば、通貨ペアの選択はとても重要です。

ただ、ハイローオーストラリアにはたくさんの通貨ペアがあるので、「どれを選んだらいいのか分からない…」という初心者の方も多いと思います。

そこで今回は、通貨ペアの概要から初心者におすすめの通貨ペアまでご紹介します。

「手っ取り早くおすすめの通貨ペアが知りたい!」という方は、こちら(※記事内の該当箇所にジャンプ)をクリック!

通貨ペアとは

通貨ペアとは

通貨ペアとは、為替取引を行う際に使われる「米ドル/円」などの2つの通貨の組み合わせのことです。

よく「USD/JPY」や「ドル円」といった表記されますが、通貨ペアは左側が「取引通貨」と呼ばれ、右側が「相対通貨」と呼ばれます。

例えば、「米ドル/円」の組み合わせの場合、米ドルが取引通貨、円が相対通貨になります。

つまり、米ドルで取引を行い、損益を円で算出します。

下の状況の場合、「1米ドルが/106.145円です」ということを表しているんですね。

highlow通貨ペア

ハイローオーストラリアの通貨ペア

取り扱っている通貨ペアはバイナリーオプション業者によって異なります。

私が一押ししているハイローオーストラリアは、バイナリーオプション業者の中でも取り扱い通貨ペアが多いほうで、17種類の通貨ペアを取引することができます。

また、ハイローオーストラリアには複数の取引方法があり、それぞれで使用できる通貨ペアも異なります。

そこで、取引方法ごとに取引できる通貨ペアを一覧でご紹介します。

HighLow/HighLowスプレッド
AUD/JPY(豪ドル/日本円)EUR/USD(ユーロ/米ドル)
AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)GBP/JPY(英ポンド/日本円)
CAD/JPY(カナダドル/日本円)GBP/USD(英ポンド/米ドル)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)USD/CAD(米ドル/カナダドル)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
USD/JPY(米ドル/日本円)
 

以上の17通貨ペアです。

これに加えて、HighLowとHighLowスプレッドには商品指数や株価指数などもあります。また、2018年4月からは仮想通貨も増えました。

Turbo/Turboスプレッドは以下の6通貨ペアです。

Turbo/Turboスプレッド
AUD/JPY(豪ドル/日本円)EUR/USD(ユーロ/米ドル)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)GBP/JPY(英ポンド/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)USD/JPY(米ドル/日本円)
 

これだけ種類があるので、どの通貨ペアを選んだらいいか分からなくなりますよね?

次章では、ハイローオーストラリアの初心者におすすめの通貨ペアをご紹介します。

ハイローオーストラリア初心者におすすめの通貨ペア

初心者におすすめの通貨ペア

ここからは、個人的におすすめする通貨ペアをご紹介します。

まずは、ハイローオーストラリア初心者におすすめの通貨ペアからいきます。

ハイローオーストラリア初心者におすすめの通貨ペアは次の3つです。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
 

この3つをおすすめする理由は取引量が多いからです。

これらの通貨ペアに含まれる日本円・ユーロ・米ドルは、世界三大市場と呼ばれる「JPY(東京市場)、EUR(ロンドン市場)、USD(ニューヨーク市場)」で取引されています。

取引量が多いということは、流動性が高く、チャートが異常な動きを見せることが少ないということを意味します。

つまり、それだけ安定しており、予測がしやすく、取引がしやすいということですね。

時間帯毎のおすすめ通貨ペア

時間帯別おすすめ通貨ペア

先ほどご紹介した通貨ペアでの取引に慣れてきたら、取引時間帯毎に取引する通貨ペアを考えてみましょう。

通貨ペアの値動きは、その通貨を貨幣として使っている国のマーケットがオープンしている時間に大きく動きます。

つまり、通貨ペア両方の国のマーケットがオープンしている時間が一番値動きが激しくなります。

それとは逆に、両方の国のマーケットがクローズしているなら、値動きが少なく相場が動かないので、負けてしまう確率も高いです。

具体的には、東京市場がオープンしていて、ロンドン市場とニューヨーク市場がクローズしている9時~17時までは「USD/JPY」「EUR/JPY」が予想を立てやすいです。

また、ロンドン市場がオープンしていて、ニューヨーク市場がクローズしている17時~22時は「EUR/USD」が予想しやすいですね。

以下に主な世界市場のオープン時間をまとめていますので、参考にしてみてください。

NZD(ウェリントン市場)

・夏時間(9月最終日曜日~4月第1日曜日):6:00~14:00
・冬時間:5:00~13:00

 
AUD(シドニー市場)

・夏時間(10月第1日曜日~4月第1日曜日):8:00~16:00
・冬時間:7:00~15:00

 
JPY(東京市場)

・全時間:9:00~17:00

 
CHF(チューリッヒ市場)

・夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):16:00~24:00
・冬時間:17:00~1:00

 
EUR(ユーロネクスト市場)

・夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):16:00~24:00
・冬時間:17:00~1:00

 
GBP(ロンドン市場)

・夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):17:00~1:00
・冬時間:18:00~2:00

 
USD(ニューヨーク市場)

・夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):22:00~6:00
・冬時間:23:00~7:00

 
CAD(トロント市場)

・夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):22:00~6:00
・冬時間:23:00~7:00

 

ちなみに、市場オープン後1時間ほどは相場が荒れることが多いので、バイナリーオプション初心者は取引を控えたほうがいいでしょう。

また、多くの市場でサマータイムが導入されています。

冬時間と夏時間では市場が開いている時間が異なりますので注意しましょう。

まとめ

ハイローオーストラリアの通貨ペアに関しては以上です。

バイナリーオプションをするなら、各市場のオープン時間は押さえておいたほうがいいでしょう。

なお、ハイローオーストラリア初心者なら、次の3つの通貨ペアから取引を始めると失敗が少ないのではないかと思います。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)

繰り返しになりますが、ハイローオーストラリアは他のバイナリーオプション業者に比べて、取り扱っている通貨ペアが多いです。

最初は迷うかもしれませんが、通貨ペアの数だけ儲かるチャンスも多いということで、実力が上がってくればボラティリティの高い通貨にも挑戦できるということでもあります。

まずは、マーケットオープン時間に合わせて、上の3つの通貨ペアでしっかりと稼げるようになり、慣れてきたら他の通貨ペアにもチャレンジしてみましょう!

\ハイローオーストラリアのおすすめ通貨が分かったら実際に取引を始めてみよう!/

⇨ハイローオーストラリアの始め方はこちら

サブコンテンツ