ハイローオーストラリアの4つの取引方法について徹底解説します!

ハイローオーストラリア取引方法

ハイローオーストラリアには次の4種類の取引方法があるのをご存知でしょうか?

  • HighLow
  • HighLowスプレッド
  • Turbo
  • Turboスプレッド

この記事では、上記の4種類の取引方法について、それぞれの取引画面の見方や取引手順、知っておくと便利な機能について解説していきます。

ハイローオーストラリアの4種類の取引方法

ハイローオーストラリアの取引方法は、15分以上の取引である「HighLow」と30秒や1分といった短期取引の「Turbo」の2種類に大別できます。

それらに加えて、スプレッドという値幅や価格差が設定された「HighLowスプレッド」「Turboスプレッド」という取引方法もあるので、取引方法は合計で4種類ということになります。

4種類の取引方法をまとめると次の通りです。

ハイローオーストラリアの取引方法

HighLow(ハイローオーストラリア)
HighLowスプレッド(ハイローオーストラリアスプレッド)
Turbo(ターボ)
Turboスプレッド(ターボスプレッド)

 

スプレッドが設定された取引方法では、スプレッド幅の分も含めて値動きを予測しなければならないので、通常の取引方法比べて難易度が上がります。

その分、ペイアウト率も高めに設定されています。

それでは、それぞれの取引方法について詳しく見ていきましょう。

HighLow(ハイロー)

ハイローオーストラリア取引方法

HighLowという取引方法は、現在の価格と比べて判定時間における価格が高いか?低いか?を予想する取引です。

判定時間は、「15分」「1時間」「1日」の3種類から選びます。

なお、現在の時間からどれくらい先の価格を予想するかによって変わってきます。

具体的には次のような感じです。

15分の項目を選択した場合

現在時刻が21時00分とした場合、21時05分、21時10分、21時15分の価格が現在と比べてどうなっているか、必ず5分後に判定時刻があります。

 
1時間の項目を選択した場合

○○時00分の価格が現在と比べてどうなっているか?

 
1日の項目を選択した場合

6時00分の価格が現在と比べてどうなっているか?

 

各取引時間におけるペイアウト率は次の通りです。

  • 15分:1.85倍
  • 1時間:1.90倍
  • 1日:1.95倍

15分・1時間取引において取引できる通貨ペアは次の通りです。

AUD/JPYAUD/NZDAUD/USD
CAD/JPYCHF/JPYEUR/AUD
EUR/GBPEUR/JPYEUR/USD
GBP/AUDGBP/JPYGBP/USD
NZD/JPYNZD/USDUSD/CAD
USD/CHFUSD/JPYGOLD
 

取引時間が1日の場合は、この通貨ペアに加えて、さらに仮想通貨・商品指数・株価指数での取引が可能です。

HighLowスプレッド(ハイロースプレッド)

HighLowスプレッドの取引方法も基本的にはHighLowと同じです。

ただし、エントリーした瞬間からスプレッドが加味されるので、予想するのがHighLowよりも難しくなります。

その分ペイアウト率は高く、HighLowスプレッドのペイアウト率は2.00倍です。

下の画像は実際のHighLowスプレッドの取引画面ですが、USD/JPYで現在価格は106.183円ですが、エントリー価格は次のようになっています。

>
  • High:106.187円
  • Low:106.179円
ハイローオーストラリア取引方法

現在価格に対して、±0.004円のスプレッド(価格差)が発生していることが分かりますね。

HighLowスプレッドでは、このスプレッド分まで予測しなければならないので、HighLowよりも予想した方向に価格が大きく動きてくれないと負けてしまいます。

ちなみに、発生するスプレッド幅は、通貨ペアや選択した判定時間によって違います。

また、スプレッドが発生することで、「MT4では勝っていたのにハイローオーストラリアの取引では負けた…」ということも頻発します。

それだけ難易度が高いということですね。

Turbo(ターボ)

この取引方法は、エントリーした時間から、選択した時間が経過した後に価格が高いか?低いか?を予想する取引です。

選択できる時間は「30秒」「1分」「3分」「5分」の4種類があります。

仮に、30秒取引を選んだ場合、エントリーの瞬間からちょうど30秒後の価格が現在より高いか?低いか?を予想するといった感じになります。

Turboで取引できる通貨ペアは次の通りです。

AUD/JPYAUD/USD
EUR/JPYEUR/USD
GBP/JPYNZD/JPY
USD/JPY
 

Turboのペイアウト率は時間によって異なります。

  • 30秒:2.00倍
  • 1分:1.90倍
  • 3分:1.86倍
  • 5分:1.85倍

ご覧の通り、時間が短い取引方法ほどペイアウト率が高く設定されています。

これは、判定時間が短いほど価格の動きを予想するのが難しいためです。

思いのほか価格が動かないので、実際に取引してみると勝率を出しづらいことに気付くと思います。

Turboスプレッド(ターボスプレッド)

この取引方法はTurboとルールは基本的に同じですが、スプレッドが加味されます。その分、ペイアウト率は2.30倍と高く設定されています。

下の図はTurboスプレッドの取引画面です。

ハイローオーストラリア取引方法

現在価格に対してスプレッドが発生しているのが分かりますね。

ハイローオーストラリアの取引画面の見方をおさらいしよう

各取引方法の概要が理解できたら、実際の取引画面を見てみましょう。

各項目について詳しく説明します。

ハイローオーストラリア取引方法

①取引タイプの選択

先ほどもご紹介した通り、ハイローオーストラリアでは、「HighLow(ハイロー)」「HighLowスプレッド」「Turbo(ターボ)」「Turboスプレッド」の4種類の取引が選択できます。

②通貨ペアの選択

ハイローオーストラリアでは、各国の通貨ペアだけでなく、仮想通貨・商品指数・株価指数など、全部で30種類の通貨ペアの取引を行うことができます。

ただし、仮想通貨と株価指数は1日単位での取引時間でしか取引できません。

③通貨ペアと取引時間の選択

ここでは、「どの時間の価格を予想するか?」を選択します。

上の画像では、取引タイプで「HighLow」を選択し、通貨ペアで「USD/JPY」を選択して、11時10分の判定時刻を選択しています。

この場合、11時10分のUSD/JPYの価格が現在価格よりも高いか?低いか?を予想することになります。

④スプレッド幅

HighLowスプレッド、Turboスプレッドであれば、ここにスプレッド幅が表示されます。

⑤エントリー開始時間

短期取引の「Turbo」以外の取引は、すべてエントリー時間が決められています。

エントリーできるのは、エントリー開始時間から終了時間までのエントリー時間内のみです。

⑥掛金(エントリー金額)

1回のエントリーでの掛金を入力します。

⑦High or Low

価格が高くなるか(High)、低くなるか(Low)を選択し、最後に「今すぐ購入」をクリックするとエントリー完了です。

⑧ペイアウト率

ペイアウト率とは、投資した金額がどれくらいの割合で払い戻しされるかを表した倍率のことです。

予想が当たると、掛け金にペイアウト率を掛けた金額が払い戻しされます。

ハイローオーストラリアの取引の流れ

続いて、ハイローオーストラリアでの取引の流れについて解説します。実際に取引をしてみましょう。

ハイローオーストラリアにログイン

まずは、ハイローオーストラリアの公式サイトにアクセスします。

画面右上になる「ログイン」をクリックすると、「ユーザーID」と「パスワード」を入力する画面が表示されるので、それぞれ入力をログインしてください。

ハイローオーストラリア取引方法

取引画面での操作

ログインしたら、下記のような画面が表示されます。

ハイローオーストラリア取引方法

次の順で選択していきましょう。

取引の流れ

①取引タイプの選択
②通貨ペアの選択
③通貨ペアの取引時間
④掛金の決定
⑤High or Lowを選択
⑥「今すぐ購入」をクリックしてエントリー

 

知っておくと便利なハイローオーストラリアの機能

これまでのお話した手順や内容を理解できれば、基本的に問題なくハイローオーストラリアを使うことができます。

ここからは、プラスαとして知っておくととても役に立つ機能についてご紹介します。

トレーダース・チョイス

便利機能

まずご紹介したいのが、「トレーダーズ・チョイス」です。

この機能を使って何が分かるかというと、現在表示している通貨ペアのHighにエントリーとLowエントリーそれぞれの取引量の割合が分かります。

緑色のバーがHighエントリーで、赤いバーがLowエントリーを示しています。

上の画像では、Highが71%で、Lowが29%になっていますね。つまり、Highでエントリーしている人のほうが多いということです。

ハイローオーストラリアを始めたばかりで自分の予測に自信がない場合は、この機能を参考にすると良いでしょう。

エントリーボタン

便利機能

次にご紹介するのは、「エントリーボタン」です。

上の図では、レートの右側にあるボタンがエントリーボタンです。

このボタンをは、画面右のHIghとLowのエントリーボタンと同じ機能があり、緑色がHighで赤色がLowです。

チャートを見ながらエントリーできるので、使い慣れると結構使えますよ。

価格設定ボタン

便利機能

3つ目は掛金の設定ボタンです。

掛金を5,000円、10,000円、50,000円の3つのボタンで設定している場合は、このボタンを利用すると数値を入力する手間が省けます。

ワンクリック注文

便利機能

次は「ワンクリック注文」です。その名の通り、ワンクリックで注文ができます。

通常は、「HIGH」もしくは「LOW」を選択し、「今すぐ注文」をクリックする必要があるのですが、ワンクリック注文をONにしておくと、「HIGH」もしくは「LOW」のどちらかをクリックしただけでエントリーできるようになります。

バイナリーオプションは時間との戦いとも言える取引です。

この機能をうまく活用すると、さらに勝率をあげることが可能になります。

転売機能

便利機能

最後は、「転売機能」です。

転売とは、エントリー後に判定時刻より前に利益(または損失)を自分の判断で確定できる機能のことです。

判定時間が満期に達する前に取引を終了させるので、ペイアウト率は下がりますが、予測が外れた時には損失を減らすことができますので、うまく活用してみましょう。

ハイローオーストラリアの取引方法や便利機能を試すならデモ取引で

以上のように、ハイローオーストラリアには便利な機能がたくさん装備されていますし、取引方法もとても簡単です。

ただ、「いきなり取引を始めるのは不安…」という人もいると思います。

そんな人は、ハイローオーストラリアのデモ取引を活用して事前に練習してみるのもいいでしょう。

ハイローオーストラリアデモ取引の使い方

最後に、ハイローオーストラリアデモ取引の使い方を簡単に解説します。

まずはじめに、ハイローオーストラリアの公式ページにアクセスします。

公式サイトにアクセスしたら、画面右上にある「クイックデモ」をクリックしてください。

ハイローオーストラリア取引方法

口座残高が100万円のデモ口座のページが開くので、思う存分練習してみましょう!

なお、ハイローオーストラリアのデモ取引に関しては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ハイローオーストラリアの取引方法や取引の流れについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?

おそらく、難しいとは感じなかったと思います。

操作に関しては慣れの部分も大きいので、デモ取引を使って実際に練習してみるといいでしょう。

取引方法については、初めてハイローオーストラリアをする人には「HighLow」をおすすめします。

この取引方法に慣れてきたら、スプレッド取引やTurbo取引にも挑戦してみると良いでしょう。

\ハイローオーストラリアの取引方法分かったら実際に取引を始めてみよう!/

⇨ハイローオーストラリアの始め方はこちら

サブコンテンツ