ハイローオーストラリア公式口座開設画面

バイナリーオプションの海外と国内業者の仕組みは何が違う?比較してみました

海外バイナリーオプション業者と国内バイナリーオプション業者の仕組み

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプション業者の仕組み

「バイナリーオプション」という言葉を投資に興味がある方、副業に興味がある方なら1度は聞いたことがあると思います。

難しいことなく、初心者でも簡単に取引ができる投資ということでお金を儲かりたい1つの手段としても話題になっているバイナリーオプション。

なぜ HIGH(ハイ)かLOW(ロー)かを予測して当てるだけで儲かることができるのか。

バイナリーオプションはどんな仕組みで取引が行われるのか。

簡略に説明すると、‘業者’によって仕組みが異なっていきます。これに関しては後ほど下記で詳しくご説明いたします。
(今すぐ読みたい方はこちらをクリックしてください。)

バイナリーオプションの仕組み「為替レート」

バイナリーオプションは主に為替レートによって取引が行われます。

そのためには相場の流れをよく理解する必要があります。

為替相場は当日の朝、金額が決まったらそのままで決定するのではなく常に動いているので、現在の時点では上昇していても5分・10分後にはどうなるか分かりません。

なのでバイナリーオプションの取引には為替相場の仕組みをよく把握していくことが重要になります。

バイナリーオプションの仕組み2「業者」

バイナリーオプションの2つめの仕組みは業者です。

バイナリーオプションには‘海外業者’と’国内業者’があって、それぞれ仕組みが異なっています。

バイナリーオプションを始める方はこの業者の仕組みをよく理解して選択するのが大事です。

業者によって取引方法や入出金、ペイアウト率など異なりますので、どの業者でバイナリーオプションの取引を始めるのか比較して選ぶ必要があります。

業者選びには何を重要ポイントとしてみるのかは、

バイナリーオプション初心者の初めての業者選び

このページをご参考にしてください。

では、海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの仕組みはどうなっているのか。下記で詳しく説明して行きますね。

海外バイナリーオプションの仕組み

海外バイナリーオプション業者の仕組み

海外バイナリーオプションの業者は海外に本社をおいて各国のサーバー上で取引を行います。

バイナリーオプションを始めるに当たって海外業者をおすすめしているサイトをよく目にすると思います。詐欺ではないのか。何か裏があるのではないのか。と心配になられる方も多くいるでしょう。

しかし、バイナリーオプションは海外でも認めている投資の一つで、世界的に有名な機関で資金を管理している業者が多数です。日本でも始められる海外業者は認定された金融機関からの業者が多く、信用度も高い業者が多いです。

当サイトでも信用度の高い認定された海外業者のみを取り扱って紹介しています。

ハイローオーストラリアが1番おすすめの理由
海外バイナリーオプションの口コミ

海外業者はどんな仕組みになっているのか。

それは大きく分けて‘口座開設’と’取引方法’の2つありますのでそれぞれ解説していきます。

海外業者の口座開設の仕組み

海外バイナリーオプション業者を利用して新規口座開設を行おうと思うけど、やはり本社も海外だから英語表記ではないのかと思う方もいるでしょう。

確かに本社か海外で日本語サポートの対応をしてない業者もいますが、今、日本でも支店をおいて顧客・資金管理、日本語対応サポートなどを行っているバイナリーオプション業者が増えています。

それに現在は、国内バイナリーオプションの規制(※1)が変更になり、海外業者の人気が高くなっています。
(国内バイナリーオプションの規制については下記の国内業者の仕組みで詳しくご説明しています。)

その理由の1つがまさに口座開設から異なるからなのです。

海外バイナリーオプション業者の場合、

口座開設 ➔ 個人情報入力 ➔ 口座開設完了 ➔ 本人確認書類提出(アップロード) ➔ 審査 ➔ 資金入金 ➔ 取引開始

の流れで、口座開設完了まで最短3分くらいで終わります。

審査もそんなにかからなく、即日で取引も可能な海外業者も多いです。(※一部の海外業者は1週間以内で審査完了になる場合もあります。)

それに、海外バイナリーオプション業者で口座開設をするとキャッシュバックキャンペーンを実施しているところが多いのでお得です。

海外業者の取引方法の仕組み

上記で海外バイナリーオプション業者の口座開設の仕組みをご説明しましたが、つづいて取引の仕組みについて説明していきます。

海外業者の取引仕組みで国内業者と一番異なるのは3つ。

‘取引時間及び期間’、’取引最少金額’、’ペイアウト率’になります。

簡単に特徴をまとめてみると、

取引時間
短期取引(30秒・60秒・2分・5分・10分・15分など)
取引可能期間
平日24時間、何回でも可能
取引最少金額
200円~1,000円(海外業者によって異なる)
ペイアウト率
1.85倍~2倍(海外業者によって異なる)

後ほど国内バイナリーオプション業者でも説明しますが、規制により国内業者は短期取引が禁止になっています。

最短でも10分取引になるので、為替市場がよく分からない初心者には最短30秒から取引できる海外業者を選ぶ方が増えています。

また、24時間何回でも取引できるのもメリットですね。自分がほしい時間に短期取引も可能なところも国内業者と異なります。

海外のバイナリーオプション業者は規制前の取引方法で運営しているので、簡単に自分の空き時間に合わせて口座開設から取引までできますが、その分、悪徳業者が存在するのも事実なので要注意です。

バイナリーオプションの詐欺業者には注意しよう!

国内バイナリーオプションの仕組み

国内バイナリーオプション業者の仕組み

国内業者も海外業者と同様、為替の変動がHIGH(ハイ)かLOW(ロー)かを予測して取引します。

しかし、2013年8月から国内バイナリーオプションの規制が導入になり、ルールは同じでもいくつか仕組みが変わりました。

(※1) 国内バイナリーオプション規制:2013年8月、内閣府令により日本独自のルールが導入され、2013年11月30に国内バイナリーオプションの規制が完全適用されました。なぜ規制が導入されたのか、その理由は最短30秒で為替の動きを予測して最低100円の金額で取引を行うバイナリーオプションという投資が投機性が高いと判断、その結果、現在国内業者のみ規制されることになりました。

バイナリーオプションの利用者からは、国から規制されて運営しているから信頼できるという声もあれば、規制されて不便だという声もあります。

それでは、国内バイナリーオプション業者は上記で説明した海外業者の仕組みと規制後どう変わったのか見てみましょう。

国内業者の口座開設の仕組み

国内バイナリーオプション業者の口座開設は海外業者とはまたちょっと異なります。

口座開設 ➔ 個人情報入力 ➔ 知識確認テスト ➔ 口座開設完了 ➔ 本人確認書類提出(郵送) ➔ 審査 ➔ 資金入金 ➔ 取引開始

国内業者はこのような流れで、口座開設完了まで約1週間がかかります。

海外バイナリーオプション業者との違いは、知識確認テストを受けないといけないってことです。

テストの内容はバイナリーオプションや投資に関するテストで、合格しないと口座開設ができない国内業者も多いです。

投資自体が初めてだし、他のに比べて簡単にできる投資だからバイナリーオプションを始めようと思うのに、なぜテストがあるのか。と不満を抱く方も多いです。

しかし、裏を返せば、事前にバイナリーオプションと投資に関して勉強しておくと、後から取引で迷うことも負ける確率も低くなることになりますので、決して悪くはないと思います。

国内業者の取引方法の仕組み

規制後の取引方法で運営されている国内バイナリーオプション業者は海外の取引方法とも大きく異なります。

取引時間
最短2分(2時間こどに判定)
取引可能期間
平日24時間、回数制限あり(2時間ごとなので1日12回)
取引最少金額
50円~999円(国内業者によって異なる)
ペイアウト率
1倍~30倍(国内業者によって異なる)

取引時間や回数を見ると、確かに国に規制されているのがすぐ分かります。

購入までは最短2分でも判定まで2時間、その以上かかる業者が多いし、そのため取引可能回数も制限があるので、自分の時間に取引できないというデメリットがあります。

しかし、国内業者は海外業者に比べて取引最少金額やペイアウト率は低く、高いですね。

海外バイナリーオプション業者を選ぶのか、国内バイナリーオプション業者を選ぶのかは人それぞれ。

自分の状況ややっていきたい取引方法によって業者選びは異なってくるので、バイナリーオプションの仕組みをしっかり理解してから始めましょう。

サブコンテンツ