バイナリーオプション1分取引を攻略する最強手法と裏技的ロジック教えます

バイナリーオプション1分取引

「バイナリーオプションの1分取引は難しい…」
「攻略するためのロジックが知りたい」

この記事では、こういったお悩みを解決します。

1分取引は、通称「ノイズ」なんて言われる程レートの変動に左右されやすく、考え無しに取引をしても勝てる程甘くはありません。

そこで今回は、バイナリーオプション1分取引の攻略手法を徹底解説します。

記事を読みながらデモ取引で実際にやってみると1分取引の攻略手法がグッとイメージしやすくなりますよ!

秋田

\無料で利用できるデモがおすすめ!/

 

バイナリーオプション1分取引の特徴

1分取引の特徴

まずはじめに、1分取引の特徴を押さえておきましょう。

「今すぐ1分取引の攻略法が知りたい!」という方は、1分取引の攻略ポイントをクリックしてください。

1分取引は、判定時間の短いバイナリーオプション取引においても「超短期取引」に分類されるほど、極端に取引時間が短いです。

そのため、分析する時間が十分に取れなくなるので、ギャンブル的要素も多少出てきます。

ただ、ポイントを押さえればその判定時間の短さも相まって、効率的に稼げる取引でもあります。

ちなみに、1分取引ができるは海外業者のみです!

秋田

田中

どうして国内業者はできないの?
国内業者は金融庁の規制が入って判定時間が2時間に固定されてしまったからです!

秋田

それでは、1分取引の具体的なメリットとデメリットを見ていきましょう。

1分取引のメリット

メリット
  • 拘束時間が短い
  • ペイアウト率が高い
  • 精神的な負担が少ない
それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

拘束時間が短い

バイナリーオプションの1分取引は、判定時間が1分しかないので拘束時間が短いです。

最長で1日取引というのもあるので、その場合は1日中チャートとにらめっこになるので、かなりしんどいです。

言い換えれば、1分取引はスキマ時間に気軽に取引できるというわけです。

・会社の通勤時間
・仕事の休み時間

などなど、暇な時間に気軽に取引できるのが1分取引のメリットと言えるでしょう。

ペイアウト率が高い

バイナリーオプションは、判定時間が短ければ短いほどペイアウト率が高くなるという特徴があります。

1分取引は、バイナリーオプションの判定時間の中でも2番目に短い判定時間なのでペイアウト率はかなり高いです。

ペイアウト率は利益額に直結するので、なるべく高いに越したことはありません。

ちなみに、業者ごとのペイアウト率を比較した記事もあるのでぜひ参考にしてみてください!

秋田

精神的な負担が少ない

判定時間が長いと、待っている間に「負けたらどうしよう…」「為替が予想外の動きをしたらどうしよう…」等、不安な気分になることもあるでしょう。

不安なが気持ちを抱えたまま取引をしていると、正常な判断ができなくなることも考えられます。

その点、1分取引なら不安な気持ちになるほどの時間がないので、冷静に取引をすることができます。

田中

メンタルが弱い人は投資に向いていないんだね…
メンタルが弱い自覚がある人は、「バイナリーオプション取引におけるメンタル強化術10選」を参考にメンタルを鍛えましょう!

秋田

1分取引のデメリット

デメリット
  • 中長期の取引に比べて分析が効きにくい
  • 転売が使えない
デメリットに関しても詳しく見ていきましょう!

秋田

中長期の取引に比べて分析が効きにくい

30秒取引や1分取引は、15分取引や1時間取引といった中長期の取引に比べ、テクニカル分析通りにいかないケースが多いです。

というのも、1分という短い時間ではじっくりと腰を据えて分析する時間もありませんし、判定時間間際に予想外の値動きをした場合に対応できないことも多いです。

その結果、「高度な分析ができるのに十分に発揮できない…」というとても残念なことなってしまいます

田中

1分取引全然だめじゃん…
1分取引には1分取引なりの攻略法があるから安心して!

秋田

あくまで、”中長期取引に比べて”テクカル分析が効きにくいというお話です。

テクニカル分析の方法については「バイナリーオプションにおけるチャート分析手法を徹底解説」で詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。

転売が使えない

バイナリーオプションには「転売」と呼ばれる便利な機能を提供する業者がいくつかあります。

転売とは

判定時刻を待たずして決済して、取引を途中で終わらせることができる機能のことです。FXの損切りのようなものです。

転売機能を利用することで、負けている場合に損失を最小限に抑えることができます。

ただ、転売機能は判定時刻の1分前に利用できなくなります。

田中

1分取引ではぎりぎり転売機能を利用できないのか…
転売機能が使えるのは3分取引からです!

秋田

なお、転売機能を提供する業種は、有名どころだと「ハイローオーストラリア」か「ザオプション」くらいです。

ハイローの転売機能ついては「ハイローオーストラリアの損失を劇的に抑えられる転売機能を徹底解説」で詳しく解説しているので、気になる方は目を通してみてください。

バイナリーオプション1分取引の攻略ポイント

1分取引の攻略ポイント

続いては、バイナリーオプション1分取引を攻略する上で重要なポイントをいくつかご紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

秋田

自分なりの資金管理ルールを作り遵守する

バイナリーオプションは、「資金管理」が非常に重要になります。

あくまで”投資”なので当然ですね。

中でも、1分取引はエントリータイミングが多い分リスクも増えるため、資金管理能力が必須となります。

負けが続いている状態でヤケになって負け分を一気に取り戻そうとする…なんてことのないようにしましょう!

秋田

どれだけ勝とうが負けようが、自分で決めた資金管理ルールを遵守するよう心がけましょう。

資金管理の詳しいやり方については「バイナリーオプションの資金管理術を解説!”複利”が鍵になる?」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

必ず上位足も確認する

1分取引だからといって1分足だけ見るのではなく、必ず上位足も確認しましょう。

田中

どうして1分取引なのに他のローソク足を確認する必要があるの?
1分足のチャートと上位足のチャートでは相場状況が異なる場合があるからです!

秋田

【具体例】

例えば、1分足のチャートは上昇トレンドを表しているのに、5分足のチャートでは下降トレンドを表しているということがよくあります。

この場合、1分足チャートだけを見て迂闊に「上昇トレンドだ!」と判断するのはとても危険です。

というのも、1分足チャートのトレンドは上昇トレンドでも、相場全体のトレンドは「下降トレンド」だからです。

このように、上位足を確認することで相場全体の大局が掴めるようになるのです。

この分析方法のことを「マルチタイムフレーム分析」と呼び、1分取引だけでなく他の時間足で攻略する際にも重要になります。

元はFXの手法として使われています。

マルチタイムフレーム分析についてとても参考になる動画を見つけたので、見てみてください!

秋田


なお、全ての分析の基礎となるローソク足について「バイナリーオプションはローソク足だけで勝てる?種類や見方を解説」で詳しく解説しているので、理解していない人は必ず目を通してくださいね。

通貨ペアの相性をチェックする

通貨ペアにはそれぞれ特徴があり、1分取引に向いている(相性が良い)ものもあればその逆もあります。

そのため、各通貨ペアが1分取引と相性が良いかどうか見極める必要があります。

田中

実際、どの通貨ペアが1分取引と相性が良いの?
おすすめは「USD/JPY(ドル円)」ですね!

秋田

なぜUSD/JPYなのか

ドル円は相場が安定しやすい通貨ペアなので、初心者でも相場の動きを予想しやすいからです。

通貨の取引量に着目する

1分の間で為替レートがほとんど動かないとなると、「引き分け」という判定になってしまうこともあります。

多くの業者はでは引き分けは負けとなるため、あまりにも取引量の少ない通貨だと相場が過熱せず無風状態となり、『引き分け=負け=勝率が下がる』ということになってしまいます。

理想は、ある程度のトレンド相場に沿って順張りエントリーすることなので、取引量の多い通貨を選ぶようにしましょう。

先程ご紹介した「USD/JPY(ドル円)」だと適度に相場が活性化するのでおすすめです!

秋田

1分取引を裁量で攻略する実践的手法

1分取引の実践的攻略手法

いよいよ1分取引の具体的な攻略手法について解説します。

まずは、ここで解説する攻略手法で利用するインジケーターをご紹介します。

1分取引攻略に利用する2つのインジケーター

今回ご紹介する手法では、「移動平均線」と「一目均衡表」の2つのインジケーターを使います。

この攻略法では、2つのインジケーターを使って、トレンドを正確に把握することがポイントです。

攻略法をざっくり解説

2つのインジケーターがそれぞれトレンド発生を示唆する時にその流れに乗り、最適なポイントを見つけてエントリーする。

まずは、移動平均線と一目均衡表について簡単に解説します。

「そんな解説いいから早く攻略手法が知りたい!」という方は、こちらをクリックすると記事内の該当箇所まで飛びます。

移動平均線について

移動平均線とは

ある一定期間の価格の平均値の推移を表すインジケーターのことです。

移動平均線で相場の流れを見るために必要な知識は、移動平均線が右肩上がりであれば上昇方向に、下向きであれば下落の方向に向かっているというものです。

真横なら方向性が曖昧で迷っている状態です。

ちなみに、ローソク足と移動平均線の位置関係でトレンドの勢いをある程度知ることもできます。

Point
  • 勢いのある上昇トレンド
    移動平均線よりも上にローソク足がある且つ右肩上がりに上昇している
  • 下落優勢の下降トレンド
    移動平均線よりも下にローソク足がある且つ右肩下がりに下落している

続いて、一目均衡表について解説します。

一目均衡表の「雲」について

移動平均線とは

「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の線で構成されるインジケーターのことです。

それぞれの値は以下のようなことを意味しています。

  • 転換線:過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 基準線:過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 遅行スパン:終値を26日過去にずらした線
  • 先行スパン1:当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたもの
  • 先行スパン2:過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたもの

先行スパン1と先行スパン2に囲まれる部分を「雲」と呼びます。

一目均衡表ではこの「雲」を用いて攻略することがほとんどです!

秋田

「雲」の特徴は、レジスタンスラインとサポートラインとして機能し、「雲」にぶつかるとチャートが跳ね返る可能性が高いという点です。

逆に、「雲」を実勢レートが突き抜けると強いトレンドが発生しやすいです。

もう一つ、「雲」を見る際に重要なのは『厚さ』です。

「雲」の厚みとトレンドには次のような関係があります。

Point
  • 厚い「雲」ほど抵抗が強く、逆に突き抜けると強いトレンドが発生する
  • 薄い「雲」ほど抵抗が弱く、突き抜けても弱いトレンドしか発生しない

それでは、上記でご紹介した2つのインジケーター使って1分取引を攻略するための手順を解説していきます。

2つのインジケーター利用した1分取引攻略手順

まず、移動平均線のパーフェクトオーダーに一目均衡表の「雲」の分析を加えることでエントリーの根拠を足します。

パーフェクトオーダーとは

移動平均線の短期、中期、長期の3本が交わることなく、同じ方向に向いている状態のことです。

これだけでも強いトレンドの発生を示唆しますが、念のために一目均衡表の「雲」を突き抜けているか?厚みはどうか?ということを確認してエントリーします。

1分取引を攻略するには、レンジ相場からラインブレイクしたタイミングを狙うと良いので、まずはレンジ相場からのラインブレイクを探すことになります。

攻略手順をまとめると以下の通りです。

攻略手順
  1. サポートライン・レジスタンスラインを引いてレンジ相場を確認
  2. ラインブレイクを確認
  3. 「雲」とパーフェクトオーダーを確認
  4. トレンドに沿ってエントリー
詳しく解説していきます!

秋田

移動平均線の設定は、「短期5MA」「中期14MA」「長期50MA」にさらに200MAの移動平均線をプラスします。

レンジ相場の見極めポイントとしては、4本の移動平均線が交差して絡み合っている部分があるかどうかを探します。

特に、次の線が交差し、200MAがほぼ水平に推移していれば完璧です。

  • 50MAと200MAが交差
  • 5MAと50MAが交差
  • 14MAと50MAが交差

レンジ相場を見つけたら、次に、レンジ相場からトレンド相場への転換点を見極めるために、「レジスタンスライン」と「サポートライン」を引きます。

「レジスタンスライン」と「サポートライン」を引く部分は次のようなポイントです。

Point
  • レジスタンスライン:レンジ相場の高値を結んだ水平線
  • サポートライン:レンジ相場の安値を結んだ水平線

このレジスタンスラインとサポートラインを実勢レートが突き抜けたら「ラインブレイク」で、トレンドが発生するかもしれない転換点となります。

ここから、パーフェクトオーダーが発生したら「雲」の厚みを確認し、抵抗の具合を見ます。

「雲」が厚ければばっちりです!

秋田

パーフェクトオーダーでは、短期移動平均線と中期移動平均線を抵抗帯・支持体としての戻り売り・押し目買いと、「雲」による抵抗のポイントでエントリーします。

なお、エントリーする際は上位足のチェックも忘れずに行いましょう。

上位足でも同じような値動きをしていればノイズは起こりにくいですからね。

以上が1分取引を裁量で攻略するための具体的な攻略手順となります。

「いきなり実践!」となると不安だと思うので、まずはデモ取引を利用してご紹介した攻略手法を試しみるのがオススメです!

秋田

\無料で手法を試せる「デモ」がおすすめ!/

 

1分取引を攻略するための裏技的ロジック

1分取引の裏技ロジック

ここからは、私個人が1分取引をしていて「これは使える!」と感じた1分取引のロジックをご紹介します。

シンプルですがとても強力ですよ!

秋田

ソーサー型チャートがノイズが少ないのでそこを狙う

ソーサー型チャート

バイナリーオプションの1分取引では、「ソーサー型チャートパターン」を探すのもアリです。

ソーサ型チャートパターンとは

変動の幅が一定で変化するチャートパターンのことです。

ある程度のトレンドは必要ですが、予想外に大きく変動しまくるような相場で取引するよりかは、この変動の少ないソーサー型の相場が望ましいケースもあります。

あまりにも無風すぎる相場は困りますが…。

ノイズに見舞われるリスクを減らせるという意味ではおすすめですよ!

秋田

ノイズを狙って目押しで逆張り

基本的に、バイナリーオプションではノイズは避けるべきですが、”あえて”ノイズを狙って目押しするというのも場合によっては有効です。

下の画像を見て下さい。このレートは赤線での範囲内でしか変動をしていません。

ハイローレート前

この場合、赤線の範囲外までレートが変動する可能性は低いです。少なくとも、1分取引の様な短い期間の取引なら尚更です。

そこで、この赤線に到達する「ノイズ」、つまり急激な変動のタイミングで目押しで取引を行うのです。

ハイローレート後

上画像の青丸がエントリーすべきポイントです。

この青丸で囲んでいるレートより先に進む可能性は極めて低いため、ノイズが発生したら逆張りでエントリーしましょう。

ただし、この手法はあくまで先程ご紹介した攻略手法が使えない場合のみ利用しましょう。

ノイズ自体が不規則なものですから、これに頼りきるのは危険ですからね!

秋田

\裏技ロジックを「デモ」で試してみよう!/

 

バイナリーオプション1分取引を実際にやってみた

バイナリーオプション取引をするなら、下図のような分析ツールを使う必要があります。

バイナリーオプションのろうそく足チャート

おすすめは「MT4」「yahooファイナンス」の分析ツールです。

関連記事バイナリーオプションにおけるMT4のインストール手順や使い方

実際に取引を始めてみます!

秋田

バイナリーオプションの1分取引開始
バイナリーオプションの1分取引中盤

ここまでは若干下がり気味となっていますが気にする必要はありません。

というのも、1分以下の期間の取引だと小さな変動でもかなり勝敗に左右されます。

長い陽線のろうそく足が出ているこの相場は大きな上昇がもうじき表れますよ。それもこの小さな変動等とは比較にならない位のものがです。

残り30秒、もうそろそろ上がり始める頃です。

バイナリーオプションの1分取引終了
バイナリーオプションの1分取引結果

上図は1分取引終了の様子です。

レートは30秒前から上がり始め、予想通りの勝利となりました!

秋田

このように、1分以下の短期取引で勝つためには短い期間での変動を読む事が重要であり、そのためには分析ツールを使って攻略することが大切なのです。

特に、初心者の方はろうそく足チャートくらいは読めるようになっておくべきです。

バイナリーオプションにおけるローソク足については「バイナリーオプションはローソク足だけで勝てる?種類や見方を解説」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

バイナリーオプションの1分取引について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

1分取引はノイズに見舞われるリスクもありますが、ノイズを利用した手法も一応ありますし、裁量で攻略するための手法も存在します。

1分という短い時間故の取引効率の高さも魅力ですので、積極的に1分取引をしみてましょう。

何度も言いますが、おすすめ「デモ」でお試し体験から始めることです!

秋田

田中

無料で手法を試せるのはありがたいよね!

\無料で練習できる「デモ」がおすすめ!/

 

関連記事バイナリーオプションの5分取引の手法を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です