バイナリーオプション会社を徹底比較

30秒バイナリー攻略

月一度のビッグイベント本日の9月雇用統計のチャンスを逃すな!

9月雇用統計トップ

月一度のビッグイベント本日の9月雇用統計のチャンスを逃すな!
世界中のトレーダーが月に一度、血眼になってその結果を待ちわびるビッグイベントがあります。
それは他でもない、『米雇用統計』です。

米雇用統計とは簡単に言えば、アメリカの経済状況を数値化したもの。どれほど現在のアメリカの経済状況がいいものかを、推し量れる成績のようなものです。米雇用統計は、毎月初めに発表され、最も注目するべき経済指標と言われており、結果次第では大きな為替変動が期待できるイベントなのです。
今回はこの米雇用統計を利用して、大きなリターンを獲得できる方法について紹介したいと思います。

米雇用統計で何がわかる?

米雇用統計で大きな取引チャンスが舞い込むと紹介しましたが、米雇用統計で何がわかるのか。それをどのように取引に生かすか。これらがよくわからないことだと思います。順番に解説していきましょう。

雇用統計の例
米雇用雇用統計はみんなの外為にていつでも確認できます。みんなの外為にて経済指標一覧を見てみると、非農業部門雇用者数(雇用統計)と表記されていますね。この結果が、記載されている予想数値を上まれば上まるほど、ドル円相場が上昇する特徴があります。

米雇用統計の結果、つまり数値次第では、ドル円相場が大きく上昇する可能性があるということ。それがわかっていれば取引に勝ったも同然ですね。

米雇用統計でドル円が上昇した例

米雇用統計が良い結果となると、ドル円相場が上昇しますと紹介しましたが、ただ文章だけで説明してもイマイチ真実味に欠けますよね。なので実際に雇用統計が良い結果となり、ドル円相場が上昇した場面を見てみましょう。

雇用統計後のドル円相場
上画像はみんなの外為にて確認できる、雇用統計発表後のドル円相場推移。
予想数値が18.0万人/4.8%から、28.7万人/4.9%と、予想を上回る結果となっています。するとドル円相場を見て下さい。雇用統計発表直後に大きくドル円相場が上昇していますね。この時にHIGHへ高額投資しておけばバッチリですね。

本日の9月雇用統計のビッグチャンスを逃すな

米雇用統計はちなみに、本日21:30に9月の米雇用統計が発表されます。逆に結果が悪くなるとドル円相場の下落が懸念されますが、その際は臨機応変にLOWで参加するとよいでしょう。本日発表されるビッグチャンスの雇用統計を逃すことなく、バイナリーオプション取引の準備を整えて起きましょう。

取引準備は完了していますか?まだ取引に参加できる状態ではないという方は、業者一覧ページにて人気のバイナリーオプション業者、メアド登録のみではじめられるバイナリーオプション業者などを紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ