バイナリーオプション会社を徹底比較

30秒バイナリー攻略

バイナリーオプション攻略法の三角持ち合いについて研究

torihiki1

バイナリーオプションの攻略法となる三角持ち合いについて、今回は研究していきます。この三角持ち合いを見極める攻略法は、バイナリーオプション以外でも多くのトレーダーが活用してる方法の1つです。しかし、この三角持ち合いを完全に読み切るのは、実はプロでも難しいのだそうです。しかし、もしこれを使いこなせる様になれるのなら、そうなるともうプロトレーダー並みに稼げるかもしれないという事です。そこで今回、バイナリーオプションの攻略に絶対役立つであろう三角持ち合いについてもう少し深く追求していきたいと思います。

バイナリーオプション攻略法の三角持ち合いについて

バイナリーオプション攻略法の三角持ち合いについて、研究した事を述べていきます。まずはこの三角持ち合いの状態になる理由から述べていきます。
バイナリーオプションのグラフがこの状態になる時というのは、レートの変動が頻繁に発生して安定してない状態、つまり、市場が拮抗してる状態な訳です。その拮抗の幅は次第に狭まっていき、三角形の様な形になる。これが、三角持ち合いの状態なのです。

torihiki2 しかし、その拮抗はいつまでも続く訳ではありません。この拮抗は、三角形の頂点かそこに近い点に到達した時に崩れ、一定の方向に変動するのです。その変動の方向は、以前は出来た三角形によって変動すると述べてましたが、もう少し詳しく言うと、それは強気の市場か弱気の市場かによって決まるのであり、それを示すのがその三角持ち合いで出来た三角形なのです。強気の市場は、上がり調子の三角形、つまり上が平行の三角形で、弱気の市場は下がり調子の三角形、つまり下が平行の三角形という事になります。
しかし、この三角持ち合いは、必ずしもどちらかに偏った三角形が出来るとは限りません。中にはこの様になる場合もある筈です。

torihiki3 バイナリーオプションを攻略するなら、この様な三角持ち合いの状態と遭遇するのも避けられないと思われます。これは、上昇と下降の二つの変動が同じ力で拮抗してる状態であり、これは三角形の頂点からどちらに変動するか判断し辛いと思います。こういう場合は、ろうそく足チャートで市場の上昇と下降の割合を見て、大きい方に賭けるのが良いでしょう。
この攻略法が試したくなったという方は、コチラにバイナリーオプションの業者比較ページがあるので試す業者を探すなら是非参考に。

バイナリーオプション攻略法の三角持ち合いの注意点

バイナリーオプション攻略に役立つこの三角持ち合いですが、これがプロのトレーダーでも完全に読み切るのが難しいというのには理由があります。それは、この三角持ち合いの大きな変動の際に、騙しが発生する場合があるからです。騙しとは、その市場の強気か弱気かの状態とは逆方向に大きく変動する場合の事です。変動の力がほぼ拮抗してる中間に近い三角形だとその頻度は高くなります。この騙しを見極めるのは本当に難しい様で、これは今後の検証で調べていこうと思います。

One Response to “バイナリーオプション攻略法の三角持ち合いについて研究”

  1. […] す。過去の記事にそれらのチャートパターンについて書いた記事がありますので、それも参考にしてみるのも良いと思います。 バイナリーオプション攻略法の三角持ち合いについて研究 […]

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ